“結婚前に知っておきたい法律の話”女性向けセミナーを開催しました!

仕事もプライベートも精一杯楽しむ女性に向けて情報を発信しているLiBでは、先日20代~30代の結婚を考えている女性対象に「婚前カウンセリング ~結婚する前に、彼と話し合っておいた方がいいこと~」と題したセミナーを開催しました。今回はその様子をご紹介します。

lifestyle

 

弁護士による結婚を考える女性のための婚前セミナー

「結婚を考えているけど、結婚する前に彼と話し合っておきたいことを知れたら……」「今すぐ結婚というわけではないけど、女性だからこそ現実的に“結婚”を考え幸せな結婚を叶えたい!」そんな声にお応えし、今回LiBでは結婚を考えるLiBzLIFE読者様向けに「結婚にまつわる法律知識」をご紹介するセミナーを開催しました。数々の婚姻周りや離婚にまつわる案件などを解決してきた弁護士の塩見直子先生に実例を元にお話し頂いた今回のセミナーは、参加いただいた皆様に「参加して良かった」「他では聞けないためになる話をたくさん聞けた」と大変満足頂くことができました。

参加者
・20名以上

セミナー内容(全体1時間10分程)
・先生の自己紹介
・事例紹介
・軽食を含めた雑談
・まとめ

弁護士 塩見直子先生

2009年に弁護士登録をされ今年で8年目の女性弁護士です。以前は、弁護士60名程の規模の大きな法律事務所で、企業相手の相談を多く担当されていました。
その後今年9月に独立され、現在は表参道の東京ファミリア法律事務所を女性弁護士2名でされています。現在は離婚や相続に関する相談を多く受けていらっしゃるとのこと。

東京ファミリア法律事務所
東京都渋谷区神宮前3丁目14番3号
コートモデリア表参道205
(表参道駅から 徒歩7分)

東京ファミリア法律事務所 公式ウェブサイト

とても気さくで話しやすい塩見先生は今回参加いただいた皆様からも「先生がフランクな方で楽しかった」「すごくキレイで話も楽しかったです」と大変好評でした。これまでもLiBzLIFEの法律に関する記事の監修をして頂くなど、LiBが大変お世話になっている先生です。

“結婚にまつわる法律知識”内容を少しご紹介

今回セミナーで塩見先生にお話し頂きました内容から特別に一部ご紹介いたします。

◆婚約の成立はどこからなのか
→一般的に、プロポーズの受諾や口頭での結婚の約束だけで婚約の成立とはみなされるわけではありません。婚約指輪の受け取り、結納、結婚式場の予約等、結婚に向けた具体的な行動が伴っている場合には、婚約は成立しているとみなされる場合が多いでしょう。

◆結婚後のそれぞれの財産はどうなる?
→妻が専業主婦の場合であっても、結婚後に築いた財産の半分は妻の財産になります。

◆結婚後仕事は辞めてもいい?
→仕事を続けるべきか否かについては、個人の価値観による部分も大きいため一概に決めることはできません。ですが、仮に、離婚を考えることとなった際に、自ら生活費を稼ぐことが出来ない状態だと離婚がしにくくなる場合が多いです。仕事を辞める場合には、将来の選択肢を狭めてしまうことになるということを意識しておくと良いでしょう。

◆モラルハラスメントとは
→言葉や態度で継続的に人格や尊厳を傷つける行為のことです。家庭内の密室で起こることでなので発覚しにくく、証拠もない場合が多く解決も難しいのです。モラハラかもしれないと感じることがあれば、日記に書き留めておいたり、録音しておく等、証拠を残しておくと良いでしょう。

その他、前妻との間に子供がいる場合の話や離婚後のお金の問題など、結婚前に知っておきたいさまざまな情報を教えて頂きました。

“寝かせ玄米”のおむすびをご用意


参加頂きました皆様に、軽食として寝かせ玄米にこだわる「いろは」のおむすびセットをご用意しました。
美容や健康によく女性に注目されている玄米。固くてパサパサして美味しくないと言われることもありますが、いろはの寝かせ玄米は違います! 100%特別栽培玄米を特殊な圧力釜で炊いてから3~4日熟成させた玄米ごはんです。もっちもちで甘くて旨味があり、参加頂いた方々より「とても美味しかった」とのお声を数多く頂きました。

皆様から大変好評頂きました

参加頂いた皆様からは、「非常にためになるお話が聞けた」「漠然と抱いていた疑問が明確になりすっきりした」といったお声が、またセミナー後のアンケートでは92.9%の方から「満足した」との回答を頂きました。
結婚するにあたり、今後起こりうるトラブルについてまで考えるという方は少ないでしょう。しかし結婚をするのは簡単ですが、離婚というのはとても難しいことです。今回のセミナーでは、結婚後のさまざまなトラブルに備えて知っておくべき、他では聞けない話が聞けたと、皆様から大変良い評価を頂くことができました。

日本法規情報の詳細はこちら