忘年会シーズンは要注意!“飲みすぎ”が招く乾燥肌にはこのケアを。

いよいよ今年も残りあとわずか! 1年の締めくくりであるこの季節は、忘年会やクリスマス、年末のお休みなど、お酒を飲む機会が多いですよね。今回は、そんなお酒とお肌の関係についてのお話です。貴女の肌悩みも実は「飲みすぎ」が原因かもしれません……!

beauty

「飲みすぎ注意」な季節がやってきた!

あっという間に12月に突入しました。

忘年会や年末のお休みなどでは、お酒を楽しまれる方も多いのではないでしょうか? 「今年もがんばった!」とたくさん飲みたくなりますが、お酒の飲みすぎは禁物。身体に負担がかかるということだけでなく、お肌にももちろん影響してきます。実はこの時期気になる「乾燥」も、お酒をたくさん飲むことで加速するってご存知でしたか?

お酒の飲みすぎが「乾燥」を招いていた?!


お酒の飲み過ぎは、睡眠不足など不規則な生活を招いてしまうと同時に、肝臓に蓄積されるビタミンAが減少するため、皮膚の抵抗力を強化する働きが弱まり、乾燥による肌トラブルも起こしやすくなります。つまり、乾燥肌を進行させてしまう危険性があるのです。とはいっても、日頃がんばっている分、楽しい会ではついつい飲みすぎてしまったりもしますよね。

飲みすぎにはこんなアフターケアを。

もしも飲みすぎてしまったら、しっかりと肌のアフターケアをしてあげましょう。

■食事
お酒を飲んだ翌日はできるだけ寝ていたかったり、あまりお腹が空かないという理由で朝食を抜いてしまう人も多いようですが、ポーラ調べによると、朝食を抜くと肌のバリア機能を持つ「角層」のはがれ具合が悪くなることがわかっており、肌の潤いを保持する力や保護する力が弱まって角層状態の悪化を招いてしまうことが明らかとなっています。

翌朝は、失われてしまったビタミンAを食べ物で摂取しましょう。ビタミンA は、バター・チーズ・卵黄などの動物性食品に豊富に含まれています。そもそもビタミンAとは、皮膚や粘膜の抵抗力を強化する働きを持っており、失われてしまうと皮膚や粘膜の乾燥を引き起こしてしまうのです。また、体内でビタミンAに変換されるものは植物性食品が多く、緑黄色野菜に多く含まれています。

翌朝のごはんは、レバーかぼちゃの煮物人参のバターソテーなどがおすすめです♪

■スキンケア
まずは保湿です! 保湿成分をしっかり肌の奥に届けてあげることが大切。お手入れの最後には必ず保湿力の高いクリームを使用しましょう。クリームを使用することで、肌にうるおいや美容成分を閉じこめ、乾燥から肌を守ることができます。 また、その際は頬を両手で包みこむようにケアすると、体温で温まり、美容成分の浸透率アップに繋がります。

スキンケアの仕上げには、ホットタオルでしっかり浸透させましょう。濡らして固く絞ったタオルをサランラップで包み、電子レンジで20秒チンするだけで完成!

乾燥から肌を守る、おすすめスキンケア

「乾燥」からお肌を守り、しっかりと潤いを閉じ込めてくれるのが、ポーラ・オルビスグループから敏感肌專門ブランドとして誕生したDECENCIA(ディセンシア)ayanasuシリーズ。

化粧水には配合が難しかったセラミドを、独自構造によりナノサイズ化にして化粧水・美容液・クリームの全てに配合。ナノサイズ化されたセラミドナノスフィアが角層の奥深くまで浸透し、潤いを届けます。また、豊富な高保湿成分も配合されており、乾燥が気になる肌に、驚くほどしっとりとしたうるおいとハリを与えます。とろみのあるテクスチャーの化粧水・濃密な美容液・そしてこっくりとしたクリームは肌が包みこまれるような満足感があり、天然植物成分のみでの高い香り立ちも魅力です。


「飲みすぎ」にも「ストレス」にも。>>

気軽にお試しできるトライアルセットは、税込1480円でたっぷり10日分入っています! 今なら目もと用アイクリームのプレゼント付き。乾燥からしっかりお肌を守ってくれるスキンケア品で、クリスマス、年越し、新年会などのイベントを楽しみましょう♪


“ayanasu”10日間トライアルセットをみる>>