〈ワタシの仕事の相棒〉仕事中は“無機質”だから、デスクをいかに楽しくするかが重要

モチベーションを上げるためにも、好きなものをそばに置いて仕事するのは“働き女子あるある”♪ 今回は「株式会社 ツクルバ」で働く伊勢谷さんに、お仕事で欠かせないアイテムを聞いてみました! いろいろな“縁”をつないでくれる、福アイテムとは……?

lifestyle

「株式会社 ツクルバ」が運営するサービス『cowcamo(カウカモ)』の編集長として働く伊勢谷さん。今回は、お仕事で欠かせないお気に入りアイテムを見せていただきました!

「ベリベリ」から広がる会話

――すみません、見た瞬間ほっこりしてしまいました(笑)

あはは(笑)もともと取材でカメラなどを持っていくと荷物が大きくなるので、お財布は小さくしたくて。最近は、マジックテープのお財布を持っている人はあまり居ないと思うんですけど(笑)本当は有名なブランドとかで買う予定だったのが、たまたまセレクトショップに立ち寄った時に軽くて薄くていいなと思って購入しました。ところが、新しい出会いがあったときに「なんでそんな財布使ってるの?」と突っ込まれるんですよ(笑)そんな風にこれが会話のきっかけになってくれることが多くて。この財布は私の中で外せないアイテムとなっています!

――その「ベリベリ」の音を久々に聞きました(笑)

ですよね(笑)冬はニットとか引っ掛かるので要注意なんですけど。このお財布は購入してまだ半年ですが、いろいろな“ご縁”をつないでくれる福アイテムです。

思い出のペンはいつも一緒に

――フワフワが触り心地よさそうなこちらは?

いつもデスクに置いているペンたちです。仕事中って“無機質”じゃないですか。PCに向かってることも多くて。デスクをいかに楽しくするのが重要というか。これ(写真右:自由の女神のペン)はニューヨークに行ったときにお土産やさんで買ったものなんですが、書き心地もいいし可愛くないですか?(笑)愛着があるので、自分自身がいまの家を買うときに、このペンで売買契約書にサインしました。

――まさに思い出が詰まったペンですね! というか、家を買われたんですね!

実はもう3軒目で、最初に買ったのは26歳。2件目は28歳。今の家は32歳のときですね。日常生活でONとOFFを切り離して考えていないのは、自分の家を持っていて、自分好みに間取りや内装をリノベーションしていてという、“身を持って経験した楽しさ”がわかっているからそれを全部仕事に活かせる、という部分があるからなんですよね。街歩きも同じ。趣味と仕事が直結しているというか。

芸術は爆発だ!

――こちらのカップが、先ほどから気になっていました!

これは岡本太郎のマグカップで、以前もっと社員が少なかった時に定例会でその月のお誕生日の人を祝うというイベントがあって、そのときに会社の仲間がプレゼントしてくれたものです。私、岡本太郎大好きなんです(笑)これでコーヒーを飲みながら仕事しています。

自分が大切にしているアイテムが、いろいろな“縁”をつないでくれる……とても素敵なことです。人もモノも、一期一会を大切にしてお仕事をがんばりたいですね!

株式会社ツクルバでは、一緒に働く仲間を募集しています。

→株式会社ツクルバで募集中の、お仕事一覧を見る
空間のプロデュースや「場」を創ることへのこだわりを活かせる仕事が多数。未経験OKの職種もあります。インテリアに対する感度やセンスを活かせる仕事にチャレンジしてみませんか?

住宅関係に興味がある方はこちらもcheck!
建築・不動産に関わるお仕事

他にもLiBzCAREERでは、女性ならではの条件でお仕事を探せます♪

憧れを仕事に。理想の未来へ1歩踏み出してみませんか? LiBzCAREERは仕事もプライベートもがんばるあなたのキャリアを応援します。

 


 

写真/野中香織
インタビュー/佐武麻美