好きな色と香りで簡単に作れちゃう♡オリジナル石けんでとっておきのリラックスタイム(前編)

友人が開催している「手づくり石けんワークショップ」に参加してきました。石けんづくりは意外と簡単ですごく楽しいんですよ♪ 寒くなってきて外出するのも億劫だなと感じる休日、石けんづくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

lifestyle

ワークショップの先生Junkoさん

11月某日、横浜市内のレンタルスペースで手づくり石けんワークショップが開かれました。
今回は友人5名で参加。先生含めて6名でアイスキャンディーと宝石の2つの石けんを作ります!


こちらがワークショップの先生をしてくれる友人のJunkoさん。ただいま準備中です。

─── 石けんづくりに興味を持ち始めたきっかけは何だったのですか?
Junko 今年の6月くらいに、たまたまInstagramでアートソープデザイナーの木下和美さんが作る宝石石けんの投稿を見かけました。すごく綺麗で「こんな石けんが作れるんだ!わたしも作ってみたい!」と思い調べてみると、木下さんは新潟在住なのですが、各地でワークショップを開催されていました。そして、関東でワークショップが開催される日程を調べ参加しに行きました。

─── すごい行動力! ワークショップに参加してみていかがでしたか?
Junko 8月上旬にワークショップに参加しに行きました。時間は7時間ほどでしたが、密度が濃くあっという間に感じました。大好きな石けんを、しかも宝石みたいに綺麗な石けんを、自分で作ることができてすごく楽しかったです。


Junko そのワークショップではディプロマ(修了証)が発行されます。体験レッスンを開催する資格がもらえるのです。わたしも木下さんのように石けんを作る楽しさを広げていけたらいいなと感じました。

─── なるほど。それでJunkoさんも石けんのワークショップを始めたんですね!
Junko そうなんです。木下さんのワークショップで作った石けんの写真をInstagramに投稿したら、たくさんの友人が「作りたい!」と言ってくれました。「じゃあ早速やろう!」と思って、自宅で練習を重ねつつ、ワークショップができる場所を調べて、9月の上旬には初めてのワークショップを開催しました。

Junkoさんのお話に出てきた、木下和美さんのInstagramはこちら
一見すると、お菓子や宝石の写真が並んでいるように見えます。これが全部石けんだなんて驚きです……!
※今回のワークショップで教わる石けんの作り方は、木下和美さんが教えているアロマティカメソッドとは異なるものです。

アイスキャンディー石けん

【材料/1個分】
・M&Pソープ        約80g
・精製水          石けん重量の12%
・香料(アロマオイルなど) 適量
・カラージェル       適量
・アイススティック棒    1本

【道具】
・耐熱カップ
・紙コップ
・アイスキャンディーの型
・スプーン
・輪ゴム
・電子レンジ

まずは下準備。
M&Pソープをサイコロ状に切り、精製水と一緒に耐熱カップに入れ、電子レンジでチン!
ちなみにM&Pとは「Melt & Pour」の略、文字どおり「溶かす&注ぐ」だけで様々なアレンジができるクラフトソープのことだそう。 インターネットで簡単に手に入ります。

紙コップに溶かした石けんを入れたら、そこにお気に入りの香料(アロマオイル)を10滴ほど入れて、スプーンで軽くかき混ぜます。

石けんのかき混ぜ方はざっくり、ゆっくり、大きくがポイントとのこと。細かく丁寧に混ぜると気泡が入ってしまうので注意してください。

Junkoさんが用意してくれたのは、石けんを作るために必要な材料をいろいろ販売しているサイト「Orangeflower」 と、化粧品などを手掛けるブランド「shiro」 のアロマオイルでした。好きな香りで石けんを作れるのが嬉しい!


続いて、石けんにカラージェルを入れ、色をつけていきます。紫を作りたいときは、赤と青を混ぜる、緑を作りたいときは、黄色と青を混ぜる……小学生の頃、絵の具で色を作ったときのことを思い出します。
アイスキャンディーを2層以上に分けたいときには、事前に適量の石けんを別の紙コップにうつし、それぞれの紙コップごとに色をつけるのですが、今回わたしは無謀にも4層にチャレンジしました!


こちらはJunkoさんが事前に用意しておいてくれたハリボーグミ風の石けん。これを中に入れて透明な石けんを作ると、ハリボーが中に浮いているような石けんも作れちゃいます。

ここまでで石けんの準備は完了。
続いてアイスキャンディーの型にアイススティック棒を輪ゴムで固定し、石けんを型に流し込んでいきます。

層のある石けんを作るとき、層の区切りをパキッと分けたいときには、前の層の石けんがある程度固まってから次の層の石けんを入れます。冷蔵庫で10分程度冷やせばOK。逆にグラデーションにしたい時には、前の石けんが固まらないうちに次を入れてみてください。


そして、全部の層の石けんを入れ終わり、冷凍庫で固めたものがこちら。
固まったら、型から出して出来上がりです!


最後はリボンを結んで可愛くラッピング。みんなの作品を並べてみました。石けんの中に浮いている白や緑や赤の物体がハリボーです。


このアイスキャンディー石けん、某有名キャラクターをモチーフに作ってみたのですが、分かりますか?

4層分けは1層ごとの量が少なく、早く作業しないとすぐに固まってしまうため、なかなか難しかったです。
後編では宝石石けんを作ります!