好きな色と香りで簡単に作れちゃう♡オリジナル石けんでとっておきのリラックスタイム(後編)

友人が開催してくれた「手づくり石けんワークショップ」。前編ではポップなイメージのアイスキャンディー石けんづくりにチャレンジしました。後編では一変、キラキラした宝石石けんを作ります!

lifestyle

宝石石けん

【材料/1個分】
・M&Pソープ 約80g
・石けんのチップ  約10g
・精製水 石けん重量の12%
・香料(アロマオイルなど)  適量
・カラージェル   適量
・マイカ(雲母)  適量

【道具】
・耐熱カップ
・紙コップ
・スプーン
・輪ゴム
・ラップ
・ナイフ
・電子レンジ

下準備はアイスキャンディー石けんと一緒。最初にM&Pソープを溶かして、好きな香りをつけます。
続いて、80gの石けんを作りたい模様に合わせて、いくつかの紙コップに分けます。石けんにカラージェルで色をつけたら、熱いうちにチップ10gを上から乗せて、マイカ(雲母)をふりかけます。


こちらがチップ。これも石けんでできているそうです。
このチップを入れることによって、石けんの中に天然石の独特な質感、マイカをふりかけることによってキラキラした鉱石のような質感が出てより宝石のようになるのです。

マイカをふりかけた上から、残りの石けんも注ぎ入れ、固まらないうちにざっくりと上の層と下の層を混ぜ合わせます。このかき混ぜ方によって出来上がる石けんの模様が大きく変わります。
これで石けんの準備は完了。冷蔵庫でしっかり固めます!


わたしの作った石けんは右下の青と白のもの。今年訪れたモロッコ・シャウエンの街をイメージして作ってみました。中はどんな模様になっているか楽しみです。
ここから、このプリンみたいな形の石けんを宝石の形にカットしていきます。


石けんを2つに分ける場合はこんな風に真ん中でざっくりカットします。1つのまま宝石の形にしてもいいし、3つくらいに分けても可愛いです。過去に参加された方の中には石けんの形にせず、1つのまま円形にした方もいたそうです。自由に好きな形に作ってみてください。


わたしは2つに分けることにしました。早速カットしてみたいと思います。


良い模様が出そうな位置を想定してナイフを入れてみると……断面はこんな感じになっていました!


続いて、角ばったところをどんどんナイフで切り落として、宝石の形に近づけていきます。そして、最後の仕上げとして、石けんを水につけて磨き、さらに角ばったところをなくしていきます。
角が取れたらよく水を切り乾かしたら、最後に石けんを丁寧にラップで包んで完成です!
石の形を綺麗にラッピングするのはなかなか難しいのですが、ラップの上からティッシュペーパーでこすり空気を抜きながらラッピングしていくと綺麗にできますよ!


手こずりながらもラッピングをし、完成した石けんがこちら!
宝石に見えるかは微妙なところですが、なかなか綺麗にマーブル模様が出てくれました。


みんなの石けんを並べてみました。わたしの石けんは左上です。裏返すと、別の石けんに見えておもしろいですね。
以上でワークショップは終了。ラッピングまで含めると4時間以上のワークショップだったのですが、楽しくてあっという間でした。

大人も子どもも楽しめる手作り石けん

最後に少しだけワークショップの先生Junkoさんにお話を聞かせていただきました。

─── 今日はワークショップありがとうございました! 思ったより簡単にできてびっくりでした。童心に帰って楽しんじゃいました。
Junko 今日は参加してくれてありがとうございました! 楽しんでもらえて嬉しいです。石けんづくりは大人でも楽しめるし、子どもにも楽しんでもらえるのが魅力だなと思っています。今回が8回目の開催だったのですが、過去には親子で参加してくれたり、参加後にご自宅で道具を揃えてお子さんと石けんづくりを楽しんでくれている方もいるんですよ。

─── 親子で石けんづくり……素敵ですね! ワークショップ、9月から始めてもう8回も開催してるのですね。
Junko そうなんです。ありがたいことに作ってみたいと言ってきてくれる友人がたくさんいて。みなさん、わたしでは思いつかないような色使いをすることもあり、わたし自身も毎回楽しんでワークショップを開催させてもらっています。
わたしがアロマが好きっていうのもあるのかもしれないのですが、自分の好きな香りをまとうと気分が上がるんですよね。だから、好きな香りの石けんを作れるのってすごく嬉しい。わたしのワークショップに参加してくれたみなさんにも、ワークショップでは石けんづくりを楽しんでもらい。そしてその後ご自宅で洗顔時やお風呂でご自身で作った石けんを使ってもらって、リラックスしてもらえたら嬉しいなと思います。

───でも勿体なくて使えない……!
Junko 時間たつと石けんの香り薄れちゃうから、早く使って~!(笑)

寒くなってきたこの時期に、自分で作ったお気に入りの香りの石けんでゆったりバスタイムを楽しめたら、心も身体もとってもリラックスできるはず。

前編でもご紹介しましたが、「Orangeflower」 では、石けんを作るために必要な材料一式を購入することができます。このサイト以外でも石けんづくりの材料はインターネットで簡単に手に入るものばかりですので、ご興味を持たれた方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。