アイデアで仕掛ける!高崎市「絶メシリスト」の応援したくなる絶妙PR術

安くて旨いローカルめし、地元に愛される名物店主……かつては個人経営の飲食店が点在し、賑わっていた高崎市。そんな古き旨きローカル店が年々少なくなっています。失うのは惜しく、絶やしてはならないと思う高崎の絶品グルメを救うため高崎市オリジナルのローカルグルメサイト「絶メシリスト」が立ち上がりました。

gourmet

『絶メシリスト』は群馬県高崎市民から情報を集めた、失うには惜しく絶やしてはならないと思う高崎の絶品グルメ情報の中から、プロのグルメライターたちで編成した『絶メシ調査隊』が厳選した「絶メシ」を紹介する高崎市オリジナルのローカルグルメサイトです。

サイト内には、絶メシ調査隊が厳選した「絶メシ」を紹介する他に、長年こだわり抜かれた「絶メシ」の門外不出レシピの紹介や、『絶メシリスト』掲載店の将来的な後継者・インターン生の募集、絶やしてはならない“絶メシ店”のタレコミ情報投稿など、応援したくなる仕掛けが盛りだくさん。この活動により、群馬県は2017年の地域ブランド調査で大躍進。掲載点は行列となる人気ぶりです。

愛すべき店を発掘、掲載基準

独特な厳しい基準をクリアした店のみ掲載されている『絶メシリスト』。
以下の6要素を中心に総合的に判断・選定され、認められたものが高崎市の「絶メシ」として紹介されています。

●家族、もしくは少人数で営業している個人経営である(非チェーン店)
●昭和の空気を感じさせる歴史がある
●後継者問題を抱えている、もしくは後継者問題を抱えていそうである
この店でしか味わえない絶品料理、雰囲気がある
●地元高崎市民に愛されている
インターネット検索に出てこない、もしくはあまり情報がない

あっさり公開!?門外不出のレシピ

せめて作り方だけでも残しておけば、いつか誰かがその味を受け継いでくれるかもしれない。そんな淡い期待を込めて公開されている絶メシレシピ。サイトを覗いてみると……細かい分量などは載っておらず再現の難易度は高いものの、チャレンジ精神をくすぐられる記事が。レシピというより、絶メシのヒント集という気持ちで是非覗いてみてください。

他人事とは思えない、求人情報

未経験大歓迎!「大事なのは店より味を残すこと」と語っているラーメン店や、一緒に店を盛り上げ新しい領域にチャレンジしてくれるビジネスパートナーを募集している、ます料理店など求人内容も個性的。店の様子や味、店主の思いが詰まったロングインタビューと共に掲載されているので、読み応えたっぷり。ふと気づくとどっぷりと感情移入してしまう、他人事とは思えない求人原稿です。

オリジナルCMできました

絶メシリストの公開から2ヶ月で、想像を遥かに超えた反響があったそう。そこでより多くの皆様に知ってもらうため、高崎市と繋がりのあるクリエーターが集結したオリジナルCMが2017年12月4日(月)から公開されています。

 

企画力とPR力で、街を面白く

課題をクリエイティブや、企画の力で解決する。そこにはきっと、誰よりも高崎グルメの事や高崎市の事を考え抜き、アイデアを載せていく膨大な苦労と時間があるのだと思います。それでも「仕事ってやっぱり楽しい」そう思える瞬間でもあります。

PRに携わる仕事特集を見る

企画・アイデアを活かす仕事特集を見る