昼から飲んじゃう? 飲んじゃお! 都内の昼ビアガーデン3選

夏は他の季節より、何倍もビールがおいしく感じられます。 お酒は夜に飲むものというイメージが強い人も多いかもしれませんが、太陽の下で飲むビールはまた格別においしいんです! もちろん、夜より暑さは厳しいですが、それが逆にビールのおいしさをぐぐっと引き上げてくれます。 休みの日は少しハメをはずして、昼からビアガーデンに出掛けてみるのもあり。そこで、昼から行ける都内のおすすめビアガーデンを紹介します!

gourmet

ビアガーデン&BBQ WAIKIKI‐ワイキキ‐

ビアガーデン&BBQ WAIKIKI‐ワイキキ‐」は、新宿駅から徒歩1分というアクセスのよさと、最大収容人数200人という広いスペースが魅力のビアガーデン。ビルの屋上にあるので、解放感のなかでお酒を楽しむことができます。

“WAIKIKI”という 名前のとおり、ハワイアンなビールやフードがたっぷり。メインはバーベキューで、肉や魚介類がなんと食べ放題なんです。

昼の時間帯に訪れれば、太陽の光と暑さのおかげで”ハワイ感”は最高潮に! 忙しくてなかなか旅行にはいけなくても、ここならリゾートの雰囲気を味わえそうです。

ビアガーデン&BBQ WAIKIKI‐ワイキキ‐
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 第二東亜会館ビル屋上
営業時間:10:00〜翌5:00

納涼ハレテラス エキビア スカイツリービュー

納涼ハレテラス エキビア スカイツリービュー」は、浅草駅に隣接する商業施設「EKIMISE」の屋上にあります。だから、スカイツリー間近に見ながら、おいしいビールとフードを堪能することができるんです。

フードは南国リゾートがテーマ。肉と野菜がたっぷりのバーベキューを楽しむことができます。牛肉だけでなく、ラムチョップやポークカルビなど肉の種類も豊富です。

また、席のグレードに違いがあるのが特徴で、レギュラー席のほかに、ブース式とソファ式のプレミアム席が用意されています。

夜の時間帯は、レギュラー席とプレミアム席の料金には約1,000円の差があるのですが、昼の時間帯はなんとまったく同じ料金。これは昼から飲むしかない!

さらに、女子のみ3名以上で来店すると、女子会限定のサービスが受けられるんです。サービス内容は、アラカルト、サラダ、ドリンク、デザートの4種類の中から選ぶことができます。

納涼ハレテラス エキビア スカイツリービュー
所在地:東京都台東区花川戸1-4-1 EKIMISE屋上
営業時間:昼営業 11:00~15:00/夜営業 16:00~22:00

Beer Terrace 1949 HIBIYASAROH  ビアガーデン

Beer Terrace 1949 HIBIYASAROH  ビアガーデン」は日比谷公園内にあるビアガーデン。

「HIBIYASAROH」の旧店名は「日比谷茶廊」といって、なんと1949年創業の老舗ビアレストランです。

お店の周りは自然に囲まれていて、癒やしの景色が広がっています。木々の間から差し込む日の光を感じられるお昼にいくのがおすすめです。

また、ビールの種類がとにかく豊富でドイツやベルギー、アイルランドといった海外をはじめ、日本全国から集めたクラフトビールを楽しむことができます。ご飯ものもおいしいですが、多くの種類のビール飲むためには、ソーセージやフィッシュアンドチップスなどのアラカルトを頼むスタイルがいいかもしれません。

Beer Terrace 1949 HIBIYASAROH  ビアガーデン
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-1
営業時間:11:30〜閉店時間は変動制(月曜定休)

休みの日は、昼から飲んじゃおう!

ビアガーデンに行くなら、日の光をいっぱい浴びて、夏らしさを存分に感じられる昼の時間帯がおすすめ!

太陽の下で飲むビールはまた一段とおいしいはずです。