冬だからこそ見られる! 心に染みる北海道の絶景3選

冬の北海道は極寒の雪景色にかわり、同じ日本とは思えない見たことがない絶景が広がるスポットがたくさんあります。一生に一度は見てみたいと思える神秘の景色。そんな魅惑の冬の北海道、絶景スポット3選をご紹介します。 出典: ht…

trip

冬の北海道は極寒の雪景色にかわり、同じ日本とは思えない見たことがない絶景が広がるスポットがたくさんあります。一生に一度は見てみたいと思える神秘の景色。そんな魅惑の冬の北海道、絶景スポット3選をご紹介します。
出典: https://www.pakutaso.com/

 

青い池 上川郡美瑛町

まるで時をとめた絵画のように広がる景色です。鮮やかでどこまでもクールなコバルトブルーの神秘の池と雪化粧を施した木々たちの立ち姿にため息が出ます。思わず時間を忘れて見入ってしまうほどの不思議な景色です。

世界も絶賛の景色
冬の青池を撮影した美瑛町の写真家、ケント白石の写真は、2012年アップル社の壁紙に選ばれ話題になりました。
「青池と初雪」と名付けられた写真はナショナルジオグラフィック主催のフォトコンテストで奨励賞にも選出され、海外でも絶賛されました。
2014年もモバイル用の壁紙としてアップル社に採用されています。

<DATA>
美瑛観光スポット「青い池」

https://www.biei-hokkaido.jp/search/sightseeing/viewspot/000035.html

 
 

オホーツク海の流氷 北海道網走市

1月下旬から3月中旬にだけ見られる、言わずと知れたオホーツクの流氷の壮大な景色です。どこから流れてきてどこへ行くのか、海は世界に繋がっていることを感じずにはいられない景色です。運が良ければ流氷の上で休むアザラシやペンギンの姿を見られます。また、オーロラと流氷を見るツアーなども人気です。

流氷のできるわけ
はるか中国とロシアの国境付近を流れる巨大なアムール川より流れ出る真水と海水がまじわり切る前に、北風により急激に冷やされて凍り始め出来るのがオホーツク海の流氷です。寒い冬にしか流氷を見ることが出来ないのは、寒さのためというより北風が深く関わっています。

<DATA>
「網走流氷観光砕氷船 おーろら」 公式ホームページ

http://www.ms-aurora.com/abashiri/

 
 

釧路湿原・塘路湖 北海道釧路市

冬はタンチョウの貴重な生息地として知られる釧路湿原です。御神渡りと呼ばれる結氷した湖の湖岸から反対側の湖岸まで現れる巨大な氷でできた白い道のような造形は、長野県諏訪湖の諏訪大社上社の男神が、下社の女神のもとへと渡る“恋の道”と言われる自然が作り出す芸術です。

御神渡りができるわけ
151215_6
出典: https://www.pakutaso.com/
御神渡りは湖が凍結し氷が膨張した後、気温が下がり収縮し、更に気温が下がる夜中に亀裂が入ります。気温の上がる日中に再び氷が膨張し、両側より氷が押され薄い氷が割れ、せり上がる現象が何日も繰り返されることで出来上がる現象です。

<DATA>
塘路ネイチャーセンター

http://www.dotoinfo.com/naturecenter/index.htm

 
 

おわりに

1年を通して魅力的な北海道ですが、極寒の地に姿を変えた北海道の絶景は格別です。その地に足を運ぶまでに多少大変な思いをしてでも、1度は見てみたいと思える、神秘的で雄大な景色が目の前に広がります。「来てよかった」とつぶやきたくなる絶景の地に、ぜひ訪れてみたいものです。