秋バテ予防!簡単ねじりヨガポーズで自律神経を整えよう

まだ湿度が高く、気温が安定しない時期です。室内外の温度差で、自律神経の働きは鈍りがちに……。なんとなくだるい、なんて状態が続いていませんか? フィットネスインストラクターの筆者が自律神経を整えるヨガのポーズとアロマをご紹介します。

beauty

夏の暑さも落ち着いてきましたが、この時期は「秋バテ」に要注意。夏の、短時間で体を取り巻く温度差は、季節を何周も駆け巡っている感覚で、この時期に”だるい””疲れが取れない”といった「秋バテ」症状が出始めます。

秋バテ対策に、フィットネスインストラクターの筆者が自律神経を整えるヨガのポーズとアロマをご紹介します。

自律神経とは?

自律神経とは、自分の意志とは関係なく、自動的に心臓・胃腸・血流・体温などを調整している神経です。

自律神経には2つの交感神経、いわゆる戦闘態勢モード(心拍は速く、脳もフル回転、血管は収縮して血流は滞る、まさに緊張状態。仕事バリバリ態勢)と、副交感神経のリラックスまったりモード(心拍はゆっくり、胃腸も活動して食欲アップ、血管も膨らみ血流も流れ老廃物を排出、疲れた体と脳を回復。休息状態)があり、適宜体が切り替えを行っています。

切り替えが上手に行われない=自律神経が乱れるということです。自律神経が乱れる最大要因はストレスと言われ、夏の室内外の温度差も体にストレスを与えます。

そうなってしまうと、体も脳も休息できず不眠や食欲不振。反対にやる気が全く起きず、集中力も低下。気持ちも不安定に。

自律神経を整えるヨガのポーズ

ストレスを完全になくすことは難しいですよね。少しでも自律神経を整えるためのヨガのポーズをご紹介します。

ポイントはポーズをとっている間、深めに3〜5呼吸し、動きをキープすることです。

■ねじりのポーズ
①立てた足のすねを抱え込むように胸に近づけ、
②背筋を伸ばして肩口から後方を見ていきます。
③首だけねじらず、一息ごとに背中、
④お腹をひと捻り。
0196a81d669d60adbcf6cb9517545eb81cf0abb7b5

■腰掛けねじりのポーズ
①心臓よりも頭を高く保ったままねじります。
②ひざの外側に肘を引っ掛けてねじりを強めます。
③両ひざも内股も閉じたままです。

01f30817587b731e922f61683e82588a02606cae26
体をねじることで自律神経を刺激され活性化すると言われています。オフィスでは椅子に座ったまま体を左右にねじっても良いですね。

アロマの力も借りましょう

嗅覚は五感の中で一番本能に近い感覚です。進化された人間の脳ではなく、旧脳といわれる大脳辺縁系にダイレクトに伝わるのです。自律神経はこの大脳辺縁系に影響を受けてます。

■リラックスを促すお勧めアロマオイル

リラックスを促すと言われているのが、「ラベンダー」「スイートオレンジ」「スイートマージョラム」。このアロマが目安ですが、基本は自分の好みの香りでOK! 好きな香りじゃないのに無理にラベンダーを使う必要はありません。

01257d1d43f89cd254257afcbf13434d474e577869

ティッシュやハンカチに1〜2滴垂らし、デスクに置いたり、カバンに入れたりすると◎。マグカップにお湯を入れて1~2滴垂らして置くのもいいですね。簡単に芳香浴ができますよ!

最後に

ねじりのヨガポーズと、アロマで夏に乱れた自律神経を整えましょう。そして秋に向かって元気に過ごしていきましょう。

<撮影協力>Terras武蔵新城