ガラス越しは要注意スポット!その紫外線、洋服だけじゃ防ぎきれません!

UVカットのUVはUltra Violet「紫の外の」の意味。そう、紫外線です。紫外線は日焼け、しみ・そばかすだけでなく、しわや皮膚病の原因にもなると言われています。一般的な窓ガラスは、紫外線を全部防ぐわけではありませんから(一部紫外線をカットするものもありますが)室内でも油断はできません。室内だからと安心していてはダメ! 今回は紫外線をカットする素材を使った洋服についてお伝えします。

fashion

洋服で紫外線は防げる? 防げない?

share

太陽の光がさんさんと降りそそぐ中、肌を露出して歩いたら日焼けするのは当然!……あら? でも、洋服で隠れた部分は日焼けしないのでは?

確かに露出しているよりは焼けないけれど、紫外線が完全にカットされるわけではないのです。ここでちょっと補足。「カット」という言葉を使っていますが、これは洋服が紫外線を吸収、または反射してその分肌には届かず、結果的に紫外線をカットしたようになるということです。

 

どんな服が効果的?

uv2再

紫外線がどのくらいカットされるかは、洋服の素材、色、布の厚さ、加工で決まります。
素材でいうと綿は紫外線を通しやすく、ポリエステルは通しにくいとされています。色は濃い方が、布の厚さは厚い方が紫外線を通しにくいです。ということは、厚くて濃い色のポリエステルを着れば良いのですが……暑い夏に、厚地で濃い色の、汗を吸いにくいポリエステルを着ていることを想像して下さい。ちょっと嫌ですね。

 

強力な味方! UVカット加工布

shutterstock_211854613

加工によって紫外線をカットするのがUVカット加工布です。素材、色、厚さに関係なく加工剤が効果を発揮します。ポリエステルなどの合成繊維は、繊維を作る段階で加工剤を練りこみます。綿などの天然繊維には、加工剤をしみ込ませ、簡単にとれないようにほかの薬剤を使って固着させます。加工剤によっては、紫外線だけでなく温度を上げる赤外線もカットしてくれるので、洋服と肌の間の温度が下がって涼しくなる嬉しい効果もありますよ。

 

UVカット効果はどうやってわかるの?

shutterstock_402222034

紫外線遮蔽率やUPF(Ultraviolet Protection Factor)が大きい方が効果大です。例えばUPF50なら、「その洋服を着ると、着ない時に比べて日焼けにかかる時間(通常15~20分)を50倍遅らせることができる」という意味です。ちなみに日焼け止めクリームなどに書かれているSPF(Sun Protection Factor)も同じように「クリームを使うと日焼け時間を何倍遅くできるか」ということなんです。

 

カット素材とクリームで上手に日焼け止めを

UVカット素材の洋服と日焼け止めクリーム、上手に使ってお肌をしっかりガードしましょう。でも中には肌に合わない方もいらっしゃいますので、そう感じたら使用をやめて下さいね。