手軽に料理に使える!酒粕ペーストの作り方と酒粕豆乳のレシピ

健康に良いだけでなく、美肌にも効果があるといま話題なのが酒粕です。2017年は甘酒がブームになりましたが、次に来るのは酒粕ではないかという話も。そこで今回はその酒粕の良さを先取りでご紹介しながら、手軽なとり方やレシピもご紹介いたします。

gourmet

酒粕がダイエットや美容に良い理由とは

酒粕は日本酒を搾った後の搾りかすです。その中に含まれている注目の成分が”レジスタントプロテイン”というもので、たんぱく質なのに食物繊維に似たこの成分は脂分を吸着するダイエット効果や、腸内環境を改善するなどの効果があることがわかっています。

さらには“セラミド”という成分が含まれており、これはシミの原因となるメラニンの発生を抑えたり美白効果があるなど、まさに酒粕は女性の強い味方といえる食材なのです。

簡単に作れる酒粕ペースト

そんな酒粕ですが、料理に使う上での難点が水に溶けづらいこと。さらにアルコール分を含んでいることも状況によっては使いづらいことも。

そんな弱点を解消してくれるのが”酒粕ペースト”です。あらかじめ作っておくと、料理にも使いやすく、煮詰めることでアルコール分も飛ばすことができます。少し時間があるときに作っておきましょう。

【材料】(作りやすい分量)

・酒粕 100g
・水  100cc

【作り方】

鍋に材料を入れ、泡立て器で酒粕を潰しながら弱火で煮る。

最初は固いですが、だんだんとやわらかくなって混ざってきます。焦がさないようにさらに弱火で煮詰めます。

水分が飛んで、味噌より少しやわらかいぐらいまでになったら出来上がりです。

このように瓶に入れて冷蔵庫に入れておくと、使いたいときに味噌のようにサッと使うことができます。

次にこの酒粕を使った簡単なレシピをご紹介します。毎朝の習慣にしたい、酒粕ホット豆乳です。

酒粕ホット豆乳

【材料】

・温めた豆乳 150cc
・酒粕ペースト 大さじ1
・蜂蜜 お好みで

温めた豆乳に、酒粕を溶かして甘味を加えるだけで簡単につくれます。

まろやかな口当たりで、さむ〜い朝に身体を温めてくれます。お好みですりおろした生姜を加えたり、コーヒーの粉末を入れてラテにしても良いですね。

日本酒ブームで副産物の酒粕も大量にできているのですが、多くの部分が産業廃棄物として処理されたり、家畜のエサになっているそうです。身体に嬉しい酒粕をもっと有効利用していきましょう。