スケジュールの可視化が肝だった!働くママの大切な時間を“ない”→“作れる”に!

手帳を新調するにあたって、どんなものを選んだら良いか迷いますよね。特に、毎日やることに追われる働くママにとって、上手なスケジュール管理は永遠の課題。そんな毎日がんばるワーキングマザー、これからママになる予定の方に朗報! 自分の時間が「ない」を「作れる」に変えてくれる素敵アイテム見つけました。

lifestyle

働くママは仕事・家庭・子育てと、やることがたくさん。これからママになる予定の方も、「自分の時間って本当にないのかな?」と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。でも、やっぱり仕事も家庭も子育ても大切にしながら、一個人として輝いていたい! そんなママにオススメのアイテムが誕生しました。

その名も「ワーキングマザーの手帳2018」。株式会社Y-Styleより、2018年1月31日に発売です。やることがいっぱいのワーキングマザーにも、忙しくても輝いて幸せになってほしいという願いで作られたスケジュール帳です。

色はホワイトゴールドとネイビーの2色展開。どんなファッションにも合うスタンダードな色合いと、オフィスシーンにも馴染むシンプルなデザイン。

毎日使うものだから、作りも丈夫でしっかりとしています。しおり紐は2本付いていて、パッと開けるストレスフリーな仕様。

“なりたい自分”を叶える3ステップ

働くママは、日々の生活に追われて「本当にやりたいこと」「やりたかったこと」は、ついつい後回しに……。「目標管理・達成のための手帳は他にあるけど、どれも複雑で目標や計画を作る時間、手帳に書く時間すらない!」そんな方にもこの手帳はオススメ。

手帳を買ったその日だけ、まずはこの3ステップだけ書き込んでスタートしてみましょう。「本当はやりたいけど後回しにしてしまっていること」を少しずつでも、無理しすぎず前に進めることができるようになっています。

《なりたい自分リスト》……ワクワクすることを書き出すことができます。
《理想の自分サークル》……“理想の自分”になるために、何をしたらいいのかを整理することができます。
《日々のTODO》……忙しいママが、日々やらなければいけないことをメモしておけるのと同時に、『叶えるアクション』として、なりたい自分になるための具体的な行動を書き込むことができます。

家族のスケジュールを可視化

今までの手帳では、家族のスケジュールがパパッと見られない、書けない……そんな悩みを解消!

このファミリーマンスリーページは、家族のスケジュールがパッと見開きで1か月分把握できるので、自分がフリーになる時間を把握するのにもとっても便利。毎日の夕食の献立も書き込めるので、スーパーでの買い物中に悩む時間が減り、自分の時間を少しでも貯金できそう♪

マンスリーページは、上下段で点線を入れてあり、午前・午後、または自分と家族のスケジュールで分けたりと、人それぞれ自由に使い分けが可能。とにかく簡単に、楽に使えるようなシンプルさが嬉しい。書き込むスペースは十分あるので、忙しいときにパパっと書いてしまっても見やすいです。予定を組むのに便利な六曜・月齢入り。

「自分のための時間がない」「思ったように行動できていない」……そういった悩みは、守るものが増えれば必然と出てくるもの。頭で考えるより書き出して可視化してみると冷静になることができて、「ない」と思っていた時間もちょっとの工夫で「作れる」に変わったりします。普段がんばっている代わりに、こういったアイテムを上手に活用して少しでも“楽にがんばれる選択”をしてみるのもいいかもしれませんね。

Y-Style ワーキングマザーの手帳 2018年 4月始まり B6
カラー:ホワイトゴールド/ネイビー
サイズ:B6サイズ(H182×W128mm)
仕様:2018年4月始まり/月曜始まり/160ページ
価格:2,500円(税抜)
発売日:2018年1月31日発売
販売サイト:Amazon/かぞく収納ヤフーショップ店

Official HP

お母さん、妻、そして「私」として

私たち女性はさまざまな“ライフイベントの変化”に合わせて、働き方や生活の仕方について悩むときが訪れます。結婚後の妊娠・出産について不安を抱える方は少なくないはず。「お母さん、妻として家庭でがんばっているけど、子育てしながらもやっぱり働きたい……」そうなったとき、その気持ちを諦める必要はありません。あなたが“ひとりの人として”活躍できるチャンスはたくさんあります。大切なのは、そのチャンスを掴む手を伸ばし続けること。

仕事を頑張りながら、家庭も大切にしたい!
ワーキングマザーが活躍できるお仕事

出来る範囲でがんばりたい!
時短・リモートOKやママさん活躍のお仕事

LiBzCAREERに登録すると、キャリアパートナーへの相談ができます。考え込むより「実際はどうなの?」というところは、相談してしまった方が気持ちが楽になり毎日をより楽しく過ごせます。

 

たった1つのアクションから、今まで“大変、辛いイメージ”でしかなかった転職が、“これからの生活を素晴らしいものに変えるための充実した時間”に変わるとしたら……あなたはどうしたいですか?