【酒粕活用レシピ】牛乳&バター不使用のコクうま豆乳シチュー〜ほっとする和ごはん〜

前回の記事でご紹介した酒粕ペースト、もうお試しいただきましたでしょうか。溶けにくい酒粕も、まとめてペースト状にしておけば料理に使いやすくなるんです。 今回はその酒粕ペーストを活用した和風シチューをご紹介したいと思います。シチューといえば牛乳やバターを使ったりしますが、それらを使わず、ヘルシーに作っていきますよ。

gourmet

前回ご紹介した酒粕ペーストのレシピはこちらをご覧ください。

 

コクうま豆乳シチュー

【材料】(二人分)

・牡蠣      ひとパック(中)
・米粉      適量
・油       小さじ1
・塩コショウ   少々
・にんじん    1/2本
・玉ねぎ     1/2玉
・ほうれん草   1/2把
・出汁      1カップ
材料A
・豆乳      150cc
・酒粕ペースト  大さじ1
・白味噌     大さじ1
・塩コショウ   適量

【作り方】

[1]ボウルに水を張り、塩をスプーン一杯入れて塩水を作る。そこへ牡蠣を入れ、すすぐように洗って水を捨てる。今度は真水を入れ、水を3回ほど替えながら洗う。

[2]にんじんは皮をむいて乱切りに、玉ねぎはくし切りにする。

[3]牡蠣に米粉をまぶし、フライパンに油を熱して塩コショウして焼き、取り出しておく。

[4]フライパンでにんじんと玉ねぎを軽く炒め、出汁を注いで5分ほど煮る。牡蠣と下茹でしたほうれん草を加えて牡蠣に火を通し、あらかじめボウルに合わせておいた材料Aを加えてサッと温めたら出来上がり。

豆乳は加熱しすぎると分離しやすいので、先に出汁だけで具材に火を通しておきます。

酒粕は味噌との相性が良く、独特のクセが強く出ませんし、乳製品がもつコクを補ってくれます。牡蠣の代わりにタラや鮭を入れても美味しいですよ。肉や乳製品を使わなくてもこんなに美味しいんだ!って感動しますね。