少しのコツで乾燥知らず!ネイリストが教えるハンドクリームの効果的な塗り方

乾燥の季節。こまめにハンドクリームを塗っているのにあまり保湿されない…なんて事ありませんか? ちょっとしたコツでハンドクリームの効果が上がりますよ♪ 今回はネイリストでスキンケアアドバイザーの筆者がハンドクリームの効果的な塗り方をご紹介します!

beauty

1.まずは化粧水でしっかりと保湿


・ぬるま湯で手を洗う
手の汚れを取り除き、冷たく冷えた手を温めるためにぬるま湯で手を洗いましょう。タオルで水分を拭き取る際は、ゴシゴシと擦ると皮膚を傷つけてしまうので軽くポンポンと、優しく叩くような感じで拭き取りましょう。
・化粧水を手に馴染ませ保湿
角層の厚みは異なるものの、手も顔などと同じ皮膚の構成なのです。そう考えると顔にいきなりクリームだけなんて…ありえませんよね? 保湿効果を上げたいなら顔と同じく化粧水でしっかり保湿してからクリームで蓋をするようにしましょう。

2.ハンドクリームと手を温める

ほとんどのハンドクリームには油分が含まれています。その為、冷えた状態だと油分も固まったままでクリームの効果が充分得られない場合があります。温めることで伸びが良くなりお肌(角層)への浸透力が高まります。また、クリームだけ温めても手が冷たければ同様です。手が冷たい場合は先ほどの手洗いの際に温かいお湯で温めたりホットタオルを使ったり、それでもダメならハンドマッサージなどをして温めてあげてください。

3.ハンドクリームの使用量を守る


ハンドクリームがベタついたり、多く使うのがもったいないからといって少量だけ使ったりしていませんか? クリームが少ないとお肌に塗り込む際に摩擦が生まれてしまって皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。ハンドクリームは商品毎に記載してある使用量を守って塗ることがとても大事です。
また、手の甲などの日焼けが気になる方はUV効果のあるハンドクリームがおすすめです。この場合、通常の手洗いだけではUVカット成分がお肌に残り、手荒れの原因となる恐れがあるので、夜のメイク落としの際に手も一緒にクレンジングしてあげましょう。

4.ハンドクリームの塗り方

【まずはキューティクルオイルを塗る
ハンドクリームを塗る前に
爪の周りにキューティクルオイルを塗りましょう。キューティクル(甘皮)やサイドウォール(爪の両脇)、指の腹の部分に塗ることでハンドクリーム単体よりもさらに指先の保湿が期待できます。

クリームを温める】
適量のクリームを温めた手の平に取り、両手で優しく擦りながら温めます

手の甲にクリームをなじませる】
手のひらで手の甲を優しく押さえ、蓋をするようにクリームを馴染ませていきます。強く擦り過ぎてしまうと刺激や摩擦により皮膚が傷つき、逆に手荒れやシワの原因となってしまいますので優しくなじませるように心掛けてください。

【指の一本一本にもクリームをなじませる】
逆の手で指を軽く握るように付け根から指先まで1本1本丁寧に塗っていきます。

爪の周りも忘れずに】
キューティクル(甘皮)やサイドウォール(爪の両脇)、指の腹の部分などもクルクルとマッサージするよう丁寧に塗って下さい。意外に忘れがちなこの工程ですが、爪の周りや指先もしっかり保湿出来ます。

手全体にクリームを馴染ませる】
最後に手全体に馴染ませます。ベタつきが気になる場合はタオルなどで軽く押さえてあげましょう。

数年後の自分の為に…

更なるハンドケアを心がけるなら、就寝時のケア用手袋、家事用のゴム手袋、そして外気からお肌を守るための外出用手袋は必須アイテム。あとは週一度の優しいゴマージュやネイルサロンでのハンドケアやトリートメントもおすすめです。数年後の自分の為に、効果的にハンドクリームを使って年齢に負けない手肌を作っていきましょう!