今こそ“生きた英語”を学ぼう。大人女性が留学するならこの4ヶ国!

仕事で外国語を使う必要性が高まっている今、働く女性の中には「もっと英語が話せるようになりたい」「英語のコミュニケーションスキルを高めたい」そんな風に思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にお勧めしたいのが、語学留学。長期・短期と選べますし、何より海外に滞在しながら語学学校に通うことで、“生きた英語”を学べます。しかし、世界に英語圏の国はたくさんあり、「留学したいけど、どの国がいいのかな……」と迷ってしまう方も多いと思います。そこで、留学におすすめの国と各国のメリット・デメリットをご紹介します。

lifestyle

1.世界中から留学生が集まる【アメリカ】で、英語でのコミュニケーション力をアップ

アメリカへの留学のメリットは、その選択肢の多さです。東海岸と西海岸それぞれに留学生を受け入れる語学学校が点在しており、都市部で学びたい人はニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、海の近くがいいという人にはマイアミもあります。ビジネス英語を学びたい人やファッションやアートのカルチャーにも興味がある人は、都市部で刺激を受けながら英語の勉強をするのがオススメ。逆に活発に体を動かすアクティビティを楽しみながら英語を学びたい人は、海に近いマイアミがいいでしょう。このように、あなた好みの留学場所を自在に選べるのがアメリカ留学の長所。また、アメリカは世界中の留学生に人気があるので、留学生の国際色が豊か。英語のコミュニケーションスキルを磨くのにも最適です。デメリットとしては都市部の物価の高さと治安。必ずしも治安がいいとは限らない地区もあるので、下調べは念入りにし、夜は一人で出歩かないなど注意が必要です。

2.ブリティッシュイングリッシュを【イギリス】で学んで、品格ある英語女子に!

イギリスは、日本人にぴったりな留学先ともいえます。なぜなら、同じ島国、立憲君主制、車は左側通行と共通点が多く、親近感があるからです。何よりイギリスは、都市部も郊外も美しい国。歴史的建造物も多く、バッキンガム宮殿、王立公園、美術館や博物館など、文化的な知識を多く得ることもできます。また、イギリス英語はアメリカ英語と比べて、発音、アクセント、スペリングが異なるものがあります。日本の学校で習ってきた英語はアメリカ英語に近いので、イギリス英語には新たな学びがたくさんあるはずです。日本人留学生もアメリカほど多くないので、必然的に英語でのコミュニケーションにトライする機会が多くなり、生きた英語をしっかり学べるでしょう。デメリットは留学費用が他の国に比べると少々高いこと。都市部は物価も高いので、エジンバラやリバプールなど郊外にホームステイするのもいいかもしれませんね。

3.【ニュージーランド】の大自然の中で、数々のアクティビティから楽しく学ぶ

ニュージーランドの留学地として人気が高いのは、オークランド。都市部ですが、ちょっと足を延ばせば海、山、森があり、空が高く、空気も綺麗。夜には満点の星空を満喫できる大自然に囲まれた環境です。語学スクールで学びながら、海のスポーツやハイキングなどのアクティビティに参加することも可能。大自然の中で体を動かし、現地の人々と過ごしながら英語のコミュニケーションスキルをアップさせることができるのがニュージーランド留学の魅力です。また、ニュージーランドの人々は親しみやすく開放的な国民性なので、少し引っ込み思案な人でも、ここでならどんどん英語で話しかけることができると思います。英語を話す度胸をつけるには最適な環境と言えるでしょう。デメリットはアメリカやイギリスのような華やかで都会的な遊びスポットは限られること。しかし、逆に誘惑が少ないのでしっかり英語の勉強に取り組めます。

4.温暖な気候と治安の良さと親切な人々に囲まれ、英語漬けになれる【アイルランド】

実は留学先としてとても人気が高いアイルランド。1年を通して気候は温暖で、ヨーロッパの中でも治安がよく、人も親切。とても居心地のいい国なのです。また、ヨーロッパ各国からの留学生が圧倒的に多く、日本人が少ないのでまさに英語漬けになれる環境なのです。人気があるのは首都ダブリン。大都会というより素朴で可愛い街なので、気負わず気楽に滞在できるし、都市部でも物価がそれほど高くないところも魅力です。名門大学トリニティカレッジ、ダブリン城、大聖堂など歴史的建築物もあり、知的な刺激もあります。また学生寮はヨーロッパ各地の留学生が多く利用しているので、学生寮に滞在できれば、いろんな国の留学生たちと英語でコミュニケーションができるチャンスに恵まれます。デメリットは日本からの直行便がないこと。時間がかかり、渡航費も他の国より高額です。早めにチケットを入手したり、混雑する時期を避けたり、工夫すれば渡航費用を抑えることはできるでしょう。

留学先として人気の4か国には、それぞれ甲乙つけがたい魅力があります。行きたい国に絞って留学先を決めたり、初級英語、ビジネス英語など、自分の英語レベルに合った語学学校に絞って選んだり、自分に合った選択方法で留学先を決めてください。生活環境、語学学校のレベル、滞在費用などきちんと調べることも忘れずに。留学することで視野も人脈も広がりますし、英語スキルを磨くことで、グローバル社会で生きていく自信がついてくるでしょう。楽しみながら“生きた英語”を学び、世界で活躍できる自分へ一歩前進してみませんか?


世界6ヶ国40校舎の中から自分にぴったりの留学先が選べる!KAPLAN公式サイト>>