海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』のレナ・ダナム監督作『タイニー・ファニチャー』限定上映Night開催!

海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』のレナ・ダナムが監督した映画『タイニー・ファニチャー』。1月27・28日の2日間限定で、上映イベントが渋谷にて開催されます。「東京でもニューヨークでも抱える悩みは同じ!」ニューヨークに暮らす女子の等身大の“もがき”を描いたコメディが、絶妙な親近感と勇気を与えてくれます。

lifestyle

 

話題の海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』

まずは皆さん、『GIRLS/ガールズ』という海外ドラマをご存知ですか?

日本では『SEX and THE City』ほど知名度のない『GIRLS/ガールズ』。本国アメリカでは優れたテレビ番組に贈られるエミー賞で8部門にノミネートされ、映画賞でもおなじみのゴールデングローブ賞で2部門受賞した大ヒットドラマです。
こじらせ女子の現実をユーモラスに、そして徹底的にリアルに描いた親近感丸出しの内容で、その共感は国境を超えてツイッターのワールドトレンドの1位を獲得するなど、世界規模のヒットとなりました。
そんな人気ドラマの製作・監督・脚本・主演を務めたのが、シーズン1放送開始当時20代半ばだったレナ・ダナム。
1986年ニューヨーク生まれの彼女は、このドラマで毎週上質なエンターテインメントを創りだすとともに女性の性とも真正面から向き合い、一気にエンタメ界の最前線に躍り出ました。

では、なぜ20代半ばの女子が突然大手ケーブルテレビのドラマシリーズを任されたのか?
……その理由こそが、彼女が『GIRLS/ガールズ』の数年前に監督したデビュー作『タイニー・ファニチャー』にあります。

2010年にレナが監督した『タイニー・ファニチャー』はデビュー作にも関わらず、若手映画作家の登竜門であるサウス・バイ・サウスウエスト映画祭のグランプリに輝き、一気に映画界の注目を集めました。そしてこのデビュー作の成功が業界の目に止まり、『GIRLS/ガールズ』に抜擢されることになったのです。

痛くて、恥ずかしくて、最高に愛おしい

story
大学卒業後、彼氏と別れニューヨークの実家に帰ってきたオーラ(レナ・ダナム)。未だ進路が決まっていない彼女は、アーティストである母親や才能ある妹の暮らす家に居場所がない。そんななか、webに動画をアップして有名になったジェドと出会い家に数日泊めることになったり、バイト先のイケメン料理人キースとデートの約束をこぎ着けたりするも、どれもオーラの思うように進まず、やがて大好きなはずの母親との衝突も大きくなり始め……。次世代を担う若手女性監督の才能と可能性の詰まったインディペンデントの重要作。

まさにレナ・ダナムの原点とも言えるニューヨーク女子のリアル過ぎる日々を描く自伝的なコメディ。恋も失敗ばかりで、仕事も将来も決まらず、家族ともうまくいかない……思わず「ああ、この痛みか……」と悶絶するような親密さを覚えます。しかし、レナ・ダナム演じる主人公の飾らない、飾れない生き方を見ていると、東京でもニューヨークでも女子は女子なんだということを思い知らされ、それでも前に進んで行くレナに、自分たちもいつのまにか勇気をもらえるから不思議です。

豪華トークショー付き限定上映

ある意味最強の女子映画『タイニー・ファニチャー』が、1/27(土)28(日)に渋谷駅すぐの映画館渋谷TOEIで限定上映されます。

27日(土)の映画上映後にはレナ・ダナムの大ヒットエッセイ『ありがちな女じゃない』の翻訳者である山崎まどかさんと、アメリカ文化に関する著書を多数執筆されている長谷川町蔵さんによる特別対談が。

28(日)にはTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の映画コーナーでもお馴染みのRHYMESTER宇多丸さんのトークショーが行われます。

過去3回の限定上映の声

今、世界でもっとも注目すべき若手女性クリエイターであるレナ・ダナムの原点ともいえる本作を観に、今週末は渋谷に行ってみては?

イベント情報
日時:2018年1/27(土)
会場:渋谷TOEI②(9F)
開演:20時(19:30時開場)
※上映終了後には、山崎まどかさんと長谷川町蔵さんによるトークショーがございます。
———————–
日時:2018年1/28(日)
会場:渋谷TOEI②(9F)
開演:20時(19:30時開場)
※上映終了後には、RHYMESTER宇多丸さんによるトークショーがございます。
———————–
★イベントHP
https://gucchis-free-school.com/event/tiny-furniture-shibuyatoei/