映画『嘘を愛する女』の高橋一生に夢中!その色気に迫る

『嘘を愛する女』は、スクリーンで高橋一生の魅力を存分に堪能できる作品です。NHKの連続テレビ小説「わろてんか」ほかドラマ出演多数ですが、映画は大きなスクリーンで高橋さんを見られる大チャンス。 キャリアウーマンの由加利と5年間同棲していた恋人の桔平は、くも膜下出血で倒れているところを発見される。彼の所持品からわかったことは、名前も職業もすべて嘘だということ。「なぜ?」。由加利はどうしても真実が知りたくて、探偵を雇って桔平の過去をたどる旅へ。 ではこの作品における高橋一生さんの魅力を紐解いていきましょう。

lifestyle

 

ワガママな女性を包み込むように愛する優しさ

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

由加利はとても気が強くワガママな女性。主導権を握りたがり、思い通りにならないと、ときどき彼を傷つけるようなことを言います。しかし、桔平は傷ついても決して怒鳴り返したりしません。彼女に背を向けて外出しても、公園のブランコで時間をつぶすような男性。そして、彼を迎えに来た由加利を自然に受け止めます。
高橋さん演じる桔平の女性の受け止め方、女性なら「いいなあ」と思えるでしょう。こういう対応は、逆に「自分が悪かった」と深く反省できるのです。

ラブシーンで放たれる爽やかな色気

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

本作には、由加利と桔平のラブシーンが時折登場しますが、これがまたいいんです。美男美女の美しいシーンは、セクシーだけと品があって、白いシーツにくるまる姿が似合うこと! ここでのラブシーンには、のちに彼の秘密に繋がる伏線が隠されていますので要チェック。この映画での高橋一生は、愛情に対して情熱的ではありませんが、温もりが感じられます。それが二人のラブシーンにとてもよく現れているからこそ、心がほっこりするのでしょう。

複雑な桔平の心を繊細な演技で魅了する役者・高橋一生

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

由加利の前にいる桔平のプロフィールは何もかも嘘。ということは真実の桔平もいるわけで、この役は高橋さんにとって一人二役のような側面もあったと思います。その演じ分けは難しいところ。高橋さんも「桔平は謎に包まれた人物なので、ベールをどこまでかけておけばいいのか、どこまで見せていいのか、そのさじ加減の調整を考え、常にシンクロしている感覚でした」と語っています。
しかし、押し引きの上手な芝居で見せるところはさすが。すべてを出し切らない絶妙なさじ加減が、女性たちの「もっと知りたい」というスイッチを押してくれるのです。

2018年も高橋一生さんは大活躍。本作に続き、齊藤工監督作『blank13』(2月3日公開)、『空海 美しき王妃の謎』(2月24日公開)『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)と続きます。まずは、ラブストーリーの中で生きる高橋一生をぜひ映画『嘘を愛する女』で堪能してくださいね。

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

『嘘を愛する女』
(2018年1月20日より、全国ロードショー)
監督:中江和仁
出演:長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、野波麻帆、初音映莉子、嶋田久作、奥貫薫、津嘉山正種、黒木瞳、吉田鋼太郎

「嘘を愛する女 公式サイト」