今すぐ始められる!“素敵な私”になるための習慣。

いつも感じがよくて、仕事もしっかりこなし、一緒に働いていて心地よい。忙しい職場に華を添えるオフィス美人をつくるのは、丁寧な“習慣”の積み重ねです。毎日の小さな習慣づくりで、新たな一歩を踏み出す自分を、もっと素敵に輝かせてみませんか?

lifestyle

習慣として身についたことが、未来のあなたを決める。

 

一般的に人は、3週間続けられたことは習慣として身につくと言われています。毎日の習慣となってしまえば「面倒くさい」という気持ちも薄れていき、ハードルがだんだん下がっていきます。ささいな習慣であっても、その積み重ねはやがて大きくなり、未来のあなたをもっと素敵に輝かせてくれることでしょう。これからご紹介する習慣は、基本的なことばかり。日々の生活でちょっと意識してみるだけでも、大きな変化を感じられるようになります。

1.自分の時間も相手の時間も大切にする


毎日忙しく働いていると、びっくりするほどの早さで時間が過ぎていきますよね。「なんとなく」時が流れてしまうと、思い描いていた夢はいつまっでたっても遠いまま。どんなにわずかな時間でも、その時間を有効に使えたかどうかで1年後、5年後の未来が変わります。集中するべき時間は他に気を取られない工夫をしたり、「すきま時間」をつかったりして、有意義な時間を過ごしましょう。疲れが溜まっているのなら、「休息する時間」をしっかり確保すること。休む時間を取って元気になった方が、疲れているときよりもずっとアクティブに活躍できるはずです。

1日の予定、会う人、やるべきことは、前日の夜かその日の朝にリストアップ。それによって、無駄なく充実した1日を過ごすことが出来ます。一緒に働いているメンバーにも共有できるので、周囲の人たちにとっても動きやすい1日に。自分の動きや意見を伝えることが相手の時間を大切にすることに繋がり、信頼関係を築くことができるでしょう!

2.“品”が行き届いているかチェックする


“品”とは、見た目、言葉遣い、持ち物、所作など、全てに現れるものです。毎日お洒落を楽しめているか、ネイルが剥がれてボロボロになっていないか、お洋服に毛玉がついていないか、ヒールの底が剥がれて音がうるさくなっていないか......などは、今すぐ改善できそうですね。

言葉遣いや所作は簡単に直せるものではないので、お手本となる人を見つけて、日頃から上品な話し方や所作を意識する癖をつけてみましょう。周囲の人に伝えて協力してもらうのもおすすめです。お客様の前でなくても常に美しい言葉遣い、美しい所作でいることで、とっさの場面でも慌てることなく堂々とした自分でいられるようになります。

3.身のまわりを常にキレイにしておく

自分が生活する場所の美しさは、心の美しさにも影響します。毎日目に映るお部屋やオフィスが散らかっていると、頭がスッキリせず、集中力の欠落や疲れ、イライラの原因に。

また、身のまわりを常にキレイにしておくことはいい気分に導くだけでなく、自分の行動を変えるきっかけにもなります。例えばキッチンをキレイにしておけばお料理に対するモチベーションが上がり、自炊が習慣化する可能性も! オフィスでは、放置していたメールフォルダを整理することでこまめに目を通す癖がつき、今までは流れてしまっていたメールもチェックできるように。せっかくのチャンスを逃すこともなくなります。

4.食べるものに気を遣う

毎日食べているものが、貴女の身体をつくります。バタバタと忙しいオフィスでもたくましくいる為には、健康的な食事が必要不可欠。

自分が感じている不調に合わせて食べるものを選びましょう。理想は自分で塩分を調整できる自炊ですが、お店で食べる食事やスーパーのお惣菜の選び方を変えるだけでも効果はあります。自分でつくるのであれば、通常のレシピから塩分を少し減らしてみたり、味付けをスパイスやハーブに変えてみたりと工夫してみてください。大好きなお菓子や加工食品は、「ちょっと控えめに」。農林水産省が出している「食事バランスガイド」には、「菓子類は楽しみとして適度にとることも大切」と書かれています。自分へのちょっとしたご褒美として楽しみましょう!

5.なんでも前倒しにする癖をつける

なんだかやる気がでない、今はそういう気分じゃない、といった気持ちからでてくる、「後でいいや」という言葉。いつか必ずやらなくてはいけないことであれば、先延ばしにすることで「まだアレが残っている」というモヤモヤ期間が長くなります。早めに片付けてしまった方が気持ちもスッキリしますし、前倒すことによって確保できる時間で、次のことを進められます。つまり、全てのことが前倒しになっていき、時間に余裕ができてひとつひとつ丁寧に取り掛かることができます

「個人的に叶えたい目標」などの義務ではないものに関しては、先延ばしにすることで日に日にモチベーションが下がっていき、気が付いたら忘れていたり、試してもいないのに「自分には無理」と決め付けてしまいがち。ほんの少しずつでも、前に進んだ分だけ自分が成長していくということを忘れずに、新しい一歩を踏み出してみましょう。

“素敵な私”は、毎日の小さな習慣から。

いつも素敵なあの人。「自分とは大違い......」なんて思いがちですが、その差は小さな“習慣”かもしれません。今の生活に馴染みがないことであっても、習慣として身につき、当たり前のようにできるようになればもうこっちのもの。まずは周りの人に協力してもらいながら3週間、信じて続けてみてください。1年後、2年後には理想以上の自分と出会えているかもしれません♪

文/ 長谷川詩織