忙しい私は週末バケーション。1泊2日で行ける国内の絶景ビーチ4選

海に行かなきゃ夏は始まらない! ハワイやバリなどの南国で美しいビーチに癒やされたいところですが、仕事が忙しくてなかなか海外まで足を伸ばす時間はとれない……。 でも実は、わざわざ海外まで行かなくても、日本にも美しいビーチは存在しているんです。そこで、1泊2日で行ける国内の絶景ビーチを紹介します。

trip

水晶浜(福井県)

福井県の美浜町にある水晶浜は「日本一の楽園ビーチ」と称されています。

“水晶”という名前のとおり、海の透明度がとても高いのが特徴です。エメラルドグリーンの海と白い砂浜のコントラストが美しく、うっとりしてしまうほど。

その美しさを堪能するために、県内外から多くの海水浴客が訪れ、早朝からマリンスポーツを楽しむ人たちも。

太陽の下の海の美しさも格別ですが、夜も満天の星空を楽しむことができて、また魅力的です。

百合ヶ浜(鹿児島県・与論島)

鹿児島県・与論島にある百合ヶ浜は、干潮の時にだけ現れるというとてもめずらしいビーチです。

“百合”ヶ浜の名前になったと言われる白い砂浜は、輝くような美しさ! 海の水も美しく透き通っているので、ただ泳ぐだけではなく、ダイビングに挑戦するのもおすすめ。

ただ干潮であることはもちろん、気温や気候などの条件が揃わないと出現しないので、事前にしっかり調べておく必要があります。

はての浜(沖縄県・久米島)

はての浜は久留米島から東に5kmほどの無人島のこと。”砂浜なのに島”なのは、本当に海にぽっかり細長い砂浜が浮いているから。

周囲は360度エメラルドグリーンの海に囲まれていて、なんだか幻想的な雰囲気です。

「東洋一の美しさ」と言われるはての浜は、テレビやコマーシャルなどの撮影にも多く使われています。

砂浜以外、目に入るのは海だけ。これでもかというほど、絶景を堪能することができます。アクティビティよりも”何もしない”で過ごすのがおすすめです。

ジニービーチ(東京都・父島)

ジニービーチは小笠原諸島・父島の南端にあるビーチ。父島でもっとも美しいビーチと言われていて、ボートかシーカヤックでしかたどり着くことができない秘境です。

砂浜の砂は石灰岩質なので、ほかのビーチと比べても驚くような白さ! そして海は、小笠原諸島特有の「ボニンブルー」と呼ばれる鮮やかな青色。そんな真っ白な砂浜と美しく真っ青な海とのコントラストが美しいビーチです。

1泊2日でリゾート気分

仕事が忙しくて休みがとれず、ビーチでリゾート気分を味わうなんて夢のまた夢……と思っていました。

でも今回紹介した国内の絶景ビーチなら、週末を利用して1泊2日で訪れることも可能。

忙しいときこそリフレッシュが大切。週末バケーションでリゾート気分を味わってみるのもありかも……!