ピンクの箱に LOVE の文字が目印!バレンタインギフトにもピッタリなPUKKAのハーブティー

ピンクやハートのアイテムがあふれるバレンタインシーズン。バレンタインとは無縁そうなハーブティーの世界にも、実はこの季節にピッタリのアイテムがあります。英国のハーブティーメーカー PUKKA(パッカ)から、その名も “LOVE” というハーブティーをご紹介します。

gourmet

英国生まれのハーブティーPUKKA(パッカ)

PUKKAは2002年にイギリスで誕生したハーブティーメーカーです。世界中から、有機栽培された植物のみを選んで作られたハーブティーは、西洋ハーブとアーユルヴェーダのスペシャリストによるブレンド。ヨーロッパで古くから取り入れられているハーブ療法やアーユルヴェーダの考え方をもとに、人々の健康をサポートするハーブティーとして愛されているのがPUKKAなのです。

PUKKAのこだわりは有機栽培の原料だけではありません。保存料、人工甘味料、着色料は一切使用せず、ティーバッグも無漂白という徹底したこだわり。大切な人にも自信を持って贈ることができるギフトになります。LOVEのハーブティーはカフェインフリーなので、カフェインを気にしている人にも安心です。

【注意】
妊娠中・授乳中の方、医師による治療を受けている方は特別な配慮が必要な場合もあるため、事前に医師にご相談することを推奨します。

花の恵みをたっぷり詰め込んだ “LOVE” ティー

PUKKAのハーブティーはそのパッケージも魅力のひとつ! 植物をモチーフにしたカラフルなパッケージはどれも目を引きますが、この時期特に注目してほしいのが、ピンク色の箱が目印の“LOVE”♪ カモミール、ローズをはじめとして、花の部分を用いているハーブをたっぷり詰め込んだ、フローラル系のハーブティーです。身体を温め、穏やかな気分に導いてくれるブレンドは、ほっとゆるみたい時間にぴったり。

LOVEにブレンドされているハーブは全部で7種類。リンゴのような甘い香りを持つカモミール(ジャーマン・カモミール)、フラボノイドを豊富に含むライムフラワー(リンデン)、マスカットのような香りが特徴のエルダーフラワー、オレンジ色の花弁が鮮やかなマリーゴールド(カレンデュラ)、そしてその華やかな色と香りからハーブの女王と言ってもよいローズと、リラックスハーブの代表であるラベンダー。すべて花の部分が使われているこれら6種類のハーブに、自然な甘みを与えるリコリス(甘草)を加えた7種のハーブが、華やかでほのかに甘いハーブティーを作り出しているのです。

香りのメッセージ付き “LOVE” はギフトに大活躍!

デザインもかわいいPUKKAの “LOVE” はギフトにもおススメです。スイーツやマグカップとセットにして送るのも素敵ですね。

ティーバッグティーの気軽さは、プチギフトにもぴったり。そしてもちろん、バレンタインデーのギフトにも! チョコレートに添えて、大切な人に贈ってみませんか?

ティーバッグの個包装もかわいいので、日常の何気ないシーンに使うアイテムとしても大活躍! 仕事で助けてくれた人にちょっとお礼をしたい時や、頑張っている同僚にエールを送りたい時、付箋でメッセージを伝えることがありますよね。そんな時にPUKKAのLOVEをひとつ添えると、感謝や励ましの気持ちがより伝わります。鮮やかなピンク色のパッケージは、見る人を元気にしてくれるはず。

見た目だけでなく、香りや味もメッセージになるのが、ハーブティーのいいところ。優しい花の香りでリラックスできるフローラルハーブの香りは 「いつもありがとう!」や「おつかれさま!」 を伝えるメッセンジャーにもなってくれるはず。ちょっぴり意味深にも使える ”LOVE” ですが、ギフトとしての使い方はあなた次第♪