アラサーの貯金額って平均いくら!?働く女性のお財布事情と賢い節約術

「貯金はいくらある?」「みんなはどれくらい節約してる?」気になるけど聞けないお金の話。今回、そんなリアルなお財布事情を、働く女性を中心としたLiBzLIFE読者158名にアンケートを行い調査しました。みんなが実践している賢い節約術を学んで、あなたもお金が貯まる習慣を身に付けましょう!

lifestyle

 

気になるアラサー女性の貯蓄額

回答者のほとんどが正社員として働く20代~30代の女性です。約8割の方が独身者、約2割の方が既婚者とのことです。

◆貯金総額は?

貯金の総額は100万未満と答えた方が最も多い34.8%、100万~200万と答えた方が19%、貯金無しという方も13.9%いました。
しかし13.4%の方は貯金が500万円以上、そのうち800万円以上の貯金をしているという方も全体の8.3%いました。一体どうすればそれ程のお金を貯めることができるのでしょうか。

毎月のお金の管理は家計簿アプリが人気

家計簿等により毎月の収支の管理をしているかどうか聞きました。

結果は約6割の方がしていないとのことでした。しかし、無駄を省いてお金を貯めるためには、支出の把握、管理はとても重要です。たしかにこまめにレシートを出して家計簿に記入するという作業は手間になりますし、ついつい後回しにしてしまい続かないことが多いですよね。
そこで便利なのは手軽に使える家計簿アプリの利用です。実際、アンケートで「収支の管理をしている」と答えた方のほとんどがスマホやパソコンのアプリを利用しているとのことでした。
その中で特に人気が高かったのは“Zaim”と“マネーフォワード”です。どちらもレシートを撮影するだけで買い物による出費のデータが登録されるので、ひとつずつ金額を打ち込む手間もいらず、また収支の状況や支出の分類をグラフ化してくれるので、家計の現状や支出の変化が分かりやすくとても便利なツールです。また家族との連携も可能なため、夫婦で共有しているという方もいました。
いつの間にかお金が無くなってしまっている……という方、手軽な家計簿アプリを利用して出費の「見える化」をしてみてはいかがでしょうか。

計画的に貯金を殖やすなら先取り貯蓄がオススメ

みんなの貯金方法について伺いました。

47.5%の方は毎月の収入から決まった額を必ず貯金に回しているとのこと。余った分を貯金に回すという方が26.6%、ボーナス等を貯金に回しているという方が11.4%でした。やはり計画的にお金を貯めるには、あらかじめ毎月の貯金額を設定し、手を付ける前に貯金用として強制的に別口座に振り分ける方法が良いでしょう。金融機関でそういったサービスを利用することもできますし、会社で社内預金や財形貯蓄の制度があれば利用してみてはいかがでしょうか。
毎月決まった額を貯金しているという方の中での、貯金に回す割合は収入の2割という方が多く44.2%、続いて1割以下という方が37.7%でした。毎月の貯金が難しいようであれば、「ボーナスを必ず貯金に回す」というのも良いと思います。

みんなが実践する賢い節約術

実践している節約方法について伺いました。
◆クレジットカードを賢く利用
最も多かったのは、上手にクレジットカードを使いポイントを貯めているという方。ポイントの貯まりやすいカードを利用する、大きな額の買い物にはカードを利用する、クレジットカードは1枚に絞る等の回答がありました。また、クレジットカードを利用すると引き落としが数か月先になり支出の管理がしにくい為、毎月ほぼ一定額の公共料金等にのみにクレジットカードを使う、即時引き落としのデビッドカードを利用するという方も多くいました。

◆職場にお弁当を持参
次に多かったのは、職場にお弁当や水筒を持って行くという回答。働く女性にとってお楽しみのランチタイムですが、毎日外食しているとかなりの出費になりますよね。できるだけ出勤前にお弁当を作って持参する、お茶も外で購入することがないよう持参すると大きな節約になるはずです。

その他には、「1週間の予算をあらかじめ決めておく」「ボーナスには手を付けない」「コンビニには行かない」等、節約の為にさまざまな工夫や努力をしている女性が多くいました。

せっかく毎日頑張って働いているのになぜか貯金が増えない……。そんな場合は現状の把握、見直しが必要です。家計簿で毎月の収支を確認して、無駄な出費を削減しましょう。小さな節約も続ければ大きな貯えになるはずです。少しずつ貯金が貯まる習慣を身に付けていきましょう!
 
>>働き女子のためのマネカツセミナー情報をみる