触れたくなる素肌!ちょこっと意識で背中美人

まだまだ日中は暑いこの時期。秋の素材を取り入れつつも、背中が大きくあいているデザインで適度な肌見せを楽しみたいものです。後ろ姿、本当に大丈夫? せっかくお洒落な洋服を着ていても、ブツブツや吹き出物の跡などがあると清潔感がなく、おしゃれも台無しです。背中のニキビは筆者も以前とっても悩みだった部分で、良くなるまで長い年月がかかりました。日常生活の中でちょっと意識することで、背中美人になれるポイントをお伝えします。

beauty

泡ダメージに要注意

shutterstock_128732438

髪の毛に使うシャンプーやコンディショナー、整髪剤。これらが、背中ニキビを悪化させる原因になることが!
シャンプーを流す際、体に洗い流したシャンプーの泡が流れていきます。刺激の強いシャンプーを使用していると、それが背中の肌荒れを引き起こしてしまうのです。

では、どんなシャンプーを選べば良いのでしょう?

シャンプーを選ぶポイントは?

shutterstock_331761632

背中のニキビが気になる方は特に、シャンプーの成分に注目して選ぶことが大切です。香りが強いものや、しっとりサラサラ成分(毛髪用シリコン)などが入っているものは、人工的なものがたくさん使われている証拠でもあります。
なるべくお肌に安全なものを選びましょう。地肌に良いものを基準に、体に使っても安全な成分が良いでしょう。赤ちゃんにも使えるものであれば、低刺激で安全です。

身体は一番最後に洗うべし

shutterstock_337990019

前述の通り、髪の毛を洗い流す際に体に流れるシャンプーの成分が、背中の吹き出物を悪化させることがあります。
先に髪の毛を洗ってから体を洗うと洗い残しがなくなるので、意識して順番を変えてみても良いかもしれません。
背中は体の中でも汗をかきやすく、皮脂も多く出る部分になります。暑い時期は背中が湿って嫌な思いをすることもありますが、そのまま放置しておくと吹き出物が悪化したり、今までなかった方も吹き出物が出てきたりするので、ふき取ったりシャワーを浴びたりといつも以上に清潔にしてあげましょう。

ゴシゴシこすらず、優しくね

shutterstock_442360705

背中ニキビを繰り返している時には、体を洗うタオルを肌にやさしい素材に変えてみたり、洗う時も摩擦に気を付けること。
ゴシゴシこすりすぎないことも大切です。更に、着用する服の素材を吸水性の高いものに変えてみたり、洗濯用洗剤を低刺激のものを使用するだけで大分改善されることかと思います。

食べ物も脂っこいものや刺激物などの食品を摂ることや、適度な運動をしてちゃんと汗をかくことも同様に大事です。時間はかかると思いますが少しづつ改善することが望めます。あまりにもひどくなった場合は、皮膚科に行くことも一つの手段ですが、それ以前に日々の使用するものを見直してみてはいかがでしょうか?

吹き出物を放置しておくと、治ってきても色素沈着になってシミのように残ってしまうことがあるので、早目に対処することが大事です。