一度は見てみたい! 京都の紅葉名所おすすめ5選

秋になると足を運びたくなるのは、紅葉の名所ですよね。日本には素晴らしい紅葉が見られるスポットが多数ありますが、中でも京都には名所がたくさんあります。歴史的な建物と、もみじなどの色鮮やかな紅葉が創り出す景色は、訪れた人を魅…

trip

秋になると足を運びたくなるのは、紅葉の名所ですよね。日本には素晴らしい紅葉が見られるスポットが多数ありますが、中でも京都には名所がたくさんあります。歴史的な建物と、もみじなどの色鮮やかな紅葉が創り出す景色は、訪れた人を魅了しています。
今回は、京都にある紅葉の名所を厳選して5か所ご紹介しましょう。
出典: http://www.photo-ac.com/

 

「東福寺」

美しく色付いたもみじが見渡す限りに拡がる東福寺の紅葉。その美しさと壮大さには、息を呑むほどの感動があります。境内にかかる三本の橋のうち、通天橋から眺める紅葉、また、臥雲橋から通天橋と紅葉をともに望む景色は圧巻です。京都屈指の紅葉スポットのため混雑も予想されますが、ぜひ一度は訪れてみたい紅葉スポットです。

<DATA>
「東福寺」

■住所:京都府京都市東山区本町15丁目778
■電話番号:075-561-0087
■公式サイト:
http://www.tofukuji.jp/index.html

 
 

「清水寺」

151215_8
出典: http://www.photo-ac.com/

周囲を紅葉が埋め尽くす「清水寺」では、夜になると一条の光が夜空に放たれます。紅葉シーズンに行われるライトアップでは、観音様の慈悲のこころを表すとされる青い光が実に神秘的です。清水寺の舞台から眺める紅葉はもちろんのこと、三重塔と紅葉が織りなす光景もひと味違う魅力があります。

<DATA>
「清水寺」

■住所:京都府京都市東山区清水1-294
■電話番号:075-551-1234
■公式サイト:
http://www.kiyomizudera.or.jp/

 
 

「南禅寺」

「南禅寺」の正門である高さ22mの三門をくぐると、参道を囲むように見事なもみじが迎えてくれます。「南禅寺」の塔頭、天授庵にある日本庭園枯山水などの庭園と紅葉が創り出す景観、また、寺院建築の縁側から眺めるもみじのライトアップもおすすめです。さらに、境内にある煉瓦造りの水路閣も、紅葉と美しく調和しています。

<DATA>
「南禅寺」

■住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町
■電話番号:075-771-0365
■公式サイト:
http://www.nanzen.net/

 
 

「永観堂 禅林寺」

151215_9
出典: http://www.photo-ac.com/

およそ3,000本のもみじが境内を染める「永観堂」は、平安時代から[もみじの永観堂]として親しまれ、古今集にも詠われています。境内にある放生池では、もみじの朱色とイチョウの黄色が鮮やかで、水面に映る姿も印象的です。また、夜になってライトアップされると、昼間とは異なる幻想的な世界が広がります。

<DATA>
「永観堂 禅林寺」

■住所:京都府京都市左京区永観堂町48
■電話番号:075-761-0007
■公式サイト:
http://www.eikando.or.jp/

 
 

「京都大原 三千院」

大原の里にある「三千院」は美しい苔の庭園として有名ですが、紅葉を楽しみつつ心を落ち着かせたい人にぜひ訪れてほしい紅葉の名所です。杉木立の中に静かに佇む往生極楽院、そして、朱色や黄色に染まった紅葉が彩りを添える庭園には、ゆったりとした時間が流れています。

<DATA>
「京都大原 三千院」

■住所:京都市左京区大原来迎院町540
■電話番号:075-744-2531
■公式サイト:
http://www.sanzenin.or.jp/

 
 

ライトアップを楽しむ時には寒さ対策を!

京都では多くの紅葉名所において、夕方以降ライトアップが行われ、ここで紹介した以外に天龍寺の宝厳院「獅子吼の庭」や北野天満宮(もみじ苑)などでも夜の紅葉を楽しむことができます。しかし、紅葉の見頃となる11月下旬から12月にかけての京都はかなり冷え込むため、防寒対策をしっかり行うことが大切です。

 
 

おわりに

京都の紅葉名所は、5つに絞るのが難しいほど魅力のあるスポットが豊富です。また、京都の地元新聞や観光関連のサイトでは紅葉の色づき情報を詳細に紹介しています。人手の多い紅葉シーズンは、見頃の時期とともに混雑予想など、訪れるスポットの情報をよく確認してから出かけるとよいでしょう。