冷えに負けない。オフィスでできるおすすめ対策3選

冬は気温の低さ、夏は冷房による冷え.....。1年を通して体が冷えやすい環境で、私たちは生活をしています。身体が冷えてしまうと代謝が落ちたり、血行やリンパの流れが悪くなったりと、女性にとってマイナスな面が多いです。そんな冷えに負けないためには、多くの時間を過ごすオフィスでの対策がとても大切になってきます! 今回は特におすすめの冷え対策を3つご紹介していきます。

lifestyle

1番冷えやすい足元から♪

足先は心臓から最も離れた場所ということもあり、血行が悪くなりやすく冷えやすい部位。また、暖かい空気は上に溜まるという性質があるので、暖房をかけていても足元が冷たくなる可能性があります。そこでおすすめなのが、靴を脱いでモコモコ靴下を上から履いてあげる方法です。パンツでもスカートでも靴下であればスムーズに履けるので、簡単に足を温めることができます。ただし、締め付けの強い靴下を選ばないようにしてください! 靴下をはじめ、タイツやパンプスで足先がギュッと締め付けられることで、血行が悪くなりむしろ足先を冷やすことになってしまいます。ゆったりとしたつくりの商品を選ぶようにしましょう。また、足先の血行を良くするために、「グーパー運動」をしてあげるのもおすすめです。やり方はとても簡単でつま先に力を入れてギュッと閉じ、指を広げて思い切り開いてあげるだけ。これだけで血行が良くなり、自然と足先が温かくなってくれますよ♪

ホットドリンクで内側から対策

冷え対策といえば、生姜を使ったドリンクが定番ですよね。生姜湯やジンジャーティーなどもおすすめですが、今回ご紹介したいのは「ココア」です!冷え対策にも効果的なだけではなく、自律神経を整えてリラックス効果もあります。ココアにはテオブロミンやカカオポリフェノールのフラバノールといった成分が含まれていますが、これらの成分には末梢血管を拡張して血行を促進する効果があります。そのためココアを飲んであげれば、手足の血行が促され冷えやむくみに効果的といわれています。甘くておいしいココアを飲んで、仕事の疲れを癒しつつ冷え対策をしてあげましょう!

ツボを押して血行促進

人間の身体にはとてもたくさんのツボがありますが、血行を促し冷え対策になるツボもあります。ツボ押しであれば、仕事が忙しい時でも会議中でも、ばれないようにサッと冷え対策ができますよ! 一つ目のツボは「指間穴(しかんけつ)」。人差し指~小指までの指のまたにツボがあります。手の甲側にあるので、反対側の手の親指と人差し指で挟むようにして刺激してあげましょう。強めに5秒間圧をかけてあげればOKです♪ 周りにバレず、簡単にツボが押せるイチオシポイントです! 二つ目のツボは「八風(はっぷう)」です。先ほどの指間穴の、足バージョンをイメージしていただけると分かりやすいです。足の親指~小指までの指のまたにツボがあります。手の親指と人差し指で挟むようにして刺激し、5秒間圧をかけるようにしましょう。トイレなどに行った際に、ぜひ取り入れてみてくださいね。

少しずつ春めいてきましたが、三寒四温の言葉通り、まだまだ寒い日もあります。薄着でオフィスに行ってしまって、冷えを感じた時には、ご自分に合った方法で体を温めてみてくださいね。