野菜がたっぷりとれる「そら豆の豆乳ポタージュ」〜ほっとする和ごはん〜

お店にそら豆が並び始めました。そら豆は春から初夏にかけて旬を迎える豆で、日本に伝わったのは奈良時代と昔から食されてきた食材のようです。「そら豆」という名前の由来は実が空に向けて実るからと言われています。そら豆は大豆と同じようにたんぱく質を含んでいるので、他の野菜と組み合わせることで栄養バランスが整いやすくなります。ということで今回はこのそら豆を使った和風の豆乳ポタージュをご紹介したいと思います。

gourmet

そら豆の豆乳ポタージュ

【材料】(二人分)

・そら豆    5〜6さや
・にんじん   1本
・玉ねぎ    1/4コ
・じゃがいも  1コ
・出汁     150cc
・豆乳     50cc
・塩、コショウ 少々
・パセリ    お好みで

【作り方】(料理時間:30分)

[1]そら豆はさやから出し、包丁で切り込みを入れる。

[2]鍋に湯を沸かし、そら豆を5分ほど茹でて取り出し、薄皮を取る。

[3]鍋に出汁を入れ、薄い輪切りにしたにんじん、じゃがいも、薄切りにした玉ねぎを入れて煮る。

[4]野菜に火が通ったら火を止めて冷まし、そら豆と一緒にミキサーにかける。

[5]鍋に戻し入れ、豆乳を加えて温める。塩コショウで味を整え、パセリを散らしたら出来上がり。

出汁がない場合は水で煮て作っても良いです。コクが足りない場合は酒粕やバターを加えても美味しいですよ。

そら豆にはマグネシウムやカルシウム、鉄分、亜鉛といった各種ミネラルが豊富で身体の調子を整えてくれます。また、ビタミンB群も豊富なので疲れをとったりといった効能も期待できます。春を感じる一皿、ぜひ作ってみてください。