ファンタジーでファジーな夏。幻想的な癒やしの風景5選

たまにとれた夏の連休。そんなときにちょっと遠出をするなら、国内にある絶景ポットを旅先に選ぶのはどうでしょうか。 そこで、夏に訪れたい日本の絶景スポット5選を紹介します。 幻想的な雰囲気のなかで心も身体も癒やされること間違…

trip

たまにとれた夏の連休。そんなときにちょっと遠出をするなら、国内にある絶景ポットを旅先に選ぶのはどうでしょうか。

そこで、夏に訪れたい日本の絶景スポット5選を紹介します。

幻想的な雰囲気のなかで心も身体も癒やされること間違いなしです。

1. 奥入瀬渓流(青森県)

青森県十和田市十和田湖畔子ノ口から焼山まで14kmも続く、奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)。豊かな緑と柔らかそうな川の水のコントラストがとても美しい絶景スポットです。苔や木々のトンネルを楽しみながら、ゆったり散歩したいところ。

渓流沿いには星野リゾートが運営する奥入瀬渓流ホテルがあるので、そこに宿泊すれば1日中渓流沿いを散策できます。青森という土地柄もあり、避暑地としてもぴったり。

2. 阿智村(長野県)

環境省が実施している全国星空継続観測で「星が最も輝いて見える場所」第1位に選ばれた長野県・阿智村。星空の村として、たくさんの観光客が訪れています。運がよければ天の川が見られるかもしれません。

夏はゴンドラで夏空遊覧ができるナイトツアーも実施しています。幻想的でロマンチックな夜が過ごせそう!

3. 鳴沢氷穴(山梨県)

山梨県南都留郡鳴沢村にある洞窟の鳴沢氷穴。

幻想的で神秘的な氷柱が並んでいて、非日常的な空間が広がっています。夏でも平均気温はなんと3度! 猛暑からいきなり極寒という感じですが、暑さにやられてしまった心も身体もシャキッとしそうです。

この洞窟は一周するのに大体15分程度かかります。場所によって氷の表情が変わるので、どんな氷柱があるか楽しみながら周ることができますよ。近くに売店もあるので、ぜひ氷穴オリジナルグッズをチェックしてみてください。

4. 角島大橋(山口県)

山口県下関市と離島(角島)を結ぶ橋として造られた角島大橋。海の中に1本だけ通っている道路は、ドライブには最高のロケーションです。
また、角島では海水浴や釣り、キャンプなどの夏のレジャーを存分に楽しめます。

実はこの角島大橋、観光地としてだけでなく自動車コマーシャルのロケ地としても人気なんです。窓を開けて、爽やかな空気を感じながらドライブしたいです。

5. 白谷雲水峡(鹿児島県)

白谷雲水峡は、屋久島の北部にある渓谷です。まさに大自然の美しさを感じられるスポットで、ジブリアニメ『もののけ姫』の舞台になった場所なんだとか。

数時間歩いたところにある「太鼓岩」は、犬神モロの「お前にサンが救えるか」というセリフで有名なシーンに出てきた岩場。ジブリ好きなら、屋久島全体をより楽しめそうです。

足場が悪いので、観光する際は歩きやすい格好で行くようにしましょう。

大自然のなかで癒される夏

夏の小旅行は、非日常的な絶景スポットへ。

溜まっているストレスや疲れがきっと癒やされるはずです。