時短メイクに使える♪“CCクリーム”と“BBクリーム”の違いって?

時短メイクで人気のコスメといえば、BBクリームやCCクリームが思い浮かびます。ベースメイクが簡単に仕上がるので、使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。時短にぴったりというイメージはありますが、その違いについては詳しくわからない方も多いかと思います。目的や肌の状態によって使い分ける方法についてご紹介します。

making-up

医療の現場で使われていた!?BBクリームの始まりとは

BBは「Blemish Balm(傷を修復する軟膏)」という意味で、もとはドイツの皮膚科クリニックが作り出したものだと言われています。ドイツはピーリングの発祥地で、デリケートな肌を保護し、修復するような効果を追加したファンデーションとして開発されたそうです。その効果から、美容整形や美容皮膚科が一般的な韓国で注目を集め、様々なアレンジをして商品化されていきました。韓国が発祥のイメージだったので、驚きですね! 治療後の赤みや傷跡を目立たなくするという機能があるため、カバー力がしっかりとあります。日焼け止め/下地/ファンデーション/コンシーラ/美容液の役割がBBクリームに含まれるので、これ1本でベースメイクが完了します。カバー力がある一方で、厚塗りになりやすいといったデメリットもあります。

補正力抜群のCCクリームの秘密とは

気になるポイントをカバーするBBクリームに対し、CCクリームは肌の気になるポイントをカモフラージュするというものになります。そのため色で隠すのではなく、色の力で肌をトーンアップさせていく効果があります。赤みをコンシーラで隠すのがBBクリームとすれば、コントロールカラーで色を補正するような動きがCCクリームといったイメージです。BBクリームよりも美容成分を多く含んでいるという特徴もあります。カバー力はBBクリームに劣りますが、すっぴんのような自然な仕上がりにできるので、ナチュラルメイクが好きな方にはぴったりのクリームです。

どっちを使えばいいの?

それぞれメリット、デメリットをあげてみました。どのような肌に仕上げたいかで使い分けてあげましょう。

【BBクリーム】
・しっかりとカバーしたい
・マットな仕上がりが好み
・ベースメイクを1本で済ませたい

【CCクリーム】
・肌のトーンをアップさせたい
・美容効果を重視したい
・ナチュラルな仕上がりが好み
・カバー力はあまり求めていない

あてはまる項目がありましたか? とにかく時短! ラクにメイクを済ませたい方はBBクリーム、素肌のような仕上がりでナチュラルにという方はCCクリームを選んでみましょう。CCクリームの使用感が好みだけどカバー力が…という方は、CCクリームを下地として使い、上にパウダーファンデーションをサッと乗せてあげるのもおすすめですよ♪