日本のスーパーフード高野豆腐と絹さやの卵とじ〜ほっとする和ごはん〜

最近、日本に古くからある伝統食品の健康や美容に対する効果が再評価されるようになりましたが、高野豆腐のそんな日本のスーパーフードの一つです。今回はこの高野豆腐を旬の絹さやとともに卵とじにしたレシピをご紹介します。

gourmet

◆新たなスーパーフード 高野豆腐

豆腐を凍結して低温熟成し、その後乾燥させた高野豆腐には栄養成分が凝縮されており、レジスタントプロテインという成分が多いことがわかりました。レジスタントプロテインは食物繊維と似た働きをする成分で、腸内環境を整えて便秘予防や美容づくりに効果が期待できることに加え、コレステロール低下作用や肥満を予防する働きもある成分です。乾物なので日持ちがし、手元に常備しておくといつでも使えるという手軽さも嬉しいところです。

高野豆腐と絹さやの卵とじ

【材料】(二人分)

・高野豆腐 四枚
・絹さや 50g
・卵 2コ

材料[A]
・出汁 1カップ
・淡口醤油 大さじ2(または濃口醤油)
・砂糖 大さじ2
・みりん 大さじ2

【作り方】(料理時間 約15分)

[1] 絹さやはヘタと筋を取って斜めに半分に切る。

高野豆腐はぬるま湯につけて戻し、水を変えながらボウルの壁に押し当てながら三回ほどすすいで食べやすい大きさに切る。

[2]鍋に[A] を沸かし、高野豆腐を入れて落し蓋をし、中弱火で5分ほど煮て煮含める。

[3] 絹さやを加えて火を通す。

[4] 溶いた卵を注ぎ入れ、固まってきたら火を止めて蓋をして蒸らしたら出来上がり。

高野豆腐の風味は淡白なので、しっかりとった出汁を使ったり、味付けをやや甘めにするのが美味しく食べるポイントです。

美白効果のあるビタミンCが多い絹さやと合わせるとさらに美容効果がアップ。緑と黄色の色合いも春らしい一皿です。