ワントーン明るい肌で夏を迎えよう♪春から始める角質ケア

「もっと早くボディケアをしておけばよかった……。」と後悔するのは、だいたい半袖の季節がはじまってから。「今日はこれを着よう!」と思っていたのに、肌を出すのを躊躇してしまう……。そんな経験がある人も、今からボディケアをスタートさせれば大丈夫! 夏への準備だけでなく、春の明るいカラーのファッションを楽しみたい人にも実践してほしい、ワントーン明るい肌になるための角質ケアをご紹介します。

lifestyle

明るい肌を目指すなら、週1のスペシャルケア

肌のくすみやザラつきが気になったら、それは古い角質が溜まっているサイン。睡眠不足やストレスなどで肌のターンオーバーが乱れると、肌の表面に角質や老廃物が溜まってしまいます。毎日のお手入れに加えて、スクラブを使ったスペシャルケアを取り入れましょう。

3つの材料を混ぜるだけ!手作りスクラブ

市販のスクラブ材はたくさんありますが、テクスチャー、香り、お値段とすべて満足いくものを探すのはなかなか難しいもの。スクラブは自宅でも簡単に手作りできてしまうので、自分好みのものを作ってしまうのが一番!

<塩スクラブの材料>
・天然塩(粒が細かいもの)大さじ3
・植物油(オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、ホホバオイルなど)大さじ1(約15ml)
・精油(下記おすすめを参考に)3滴

精油を持っていなければ、天然塩と植物油だけでもOKです。肌ケア向きの精油をプラスすることで相乗効果が期待できますが、「天然塩と植物油なら家にある!」という場合には、まずこの2つの材料で試してみてください。

<塩スクラブの作り方>
1.小さめのボウルなどに植物油を入れ、精油を3滴たらしてよく混ぜる。
2.1.に天然塩を入れ、植物油をコーティングさせるように混ぜる

<スクラブにおすすめの精油>

ラベンダー(Lavandula angustiforia)
皮膚の修復作用を持ち、肌のケアに良く用いられるラベンダー精油。肌のくすみ、ざらつきなどが気になる時に使いましょう。刺激が少なく使いやすいラベンダーは、精油を使ったことがないアロマセラピービギナーにもおすすめです。

グレープフルーツ(Citrus paradisi)
体液の流れを促すグレープフルーツは、ボディケアに向きの精油です。角質ケアだけでなく、むくみが気になる、身体を引き締めたいという時にぴったり。グレープフルーツ精油には、紫外線に反応して皮膚に炎症を起こす可能性のある成分が含まれているため、夜のバスタイムに使用しましょう。

フランキンセンス(Boswellia carterii)
アンチエイジングコスメにも配合されていることのあるフランキンセンスは、肌にハリが足りないと感じる人に特におすすめです。

【注意】
精油の中には、妊娠中の使用を避けた方が良いものがあります。妊娠中の方は医師やアロマテラピーの専門家にご相談ください。また、医師による治療を受けている方も、精油の使用について、事前に医師にご相談ください。

手作りスクラブを使った角質ケア

入浴時に簡単にできる、手作りスクラブを使ったボディの角質ケアをご紹介します。

・湯船に浸かり、身体を十分に温める
・身体を洗った後の肌に、スクラブを塗る(手脚など、ざらつきが気になる部分を中心に)
・スクラブを塗った上から、やさしくなでるようにマッサージをする
・マッサージが終わったら、スクラブを完全に洗い流し、タオルで水分をふき取る

<注意点>
・入浴時に、身体が温まって清潔な状態で行う
・スクラブの使用は週1回程度とする
・日焼け後や脱毛後など、肌が敏感になっている時の使用は控える
・使用中、肌の痛みなど異常を感じた場合には、すぐに使用を止め、洗い流す

家にある材料で、5分もあれば完成する塩スクラブ。週1回のスペシャルケアとして、春から始めてみませんか?