不動産投資って実際どうなの!?アラサー女子の座談会【資産運用編】

バリバリ働きつつ、プライベートも重視するアラサー世代。お金に関する意識も人それぞれです。みんな貯金はしているの? 資産運用って考えてる? 将来に不安はない? そんな働く女性のお金の使い方について、LiBzLIFE編集部のアラサー女子3人が座談会を行いました。前回の【お金の使いみち編】に続いて、今回は【資産運用編】です。

lifestyle

 

前回の座談会【お金の使いみち編】はこちらからご覧ください。

家賃を払い続けるくらいなら買った方が良い!?

編集部K「そういえばRさん投資用の不動産持ってるって言ってませんでした?」
編集部R「そう!投資用の不動産は持っていれば資産にもなるし、こまめな貯金が苦手な私にはぴったりだなと思って。」
編集部K「不動産って何千万とかするじゃないですか。買うのかなり勇気いりませんでした?」
編集部R「親友が投資用不動産の営業をやってて、協力してあげようと思って買いました。」
編集部I「いくら友達でも何千万の協力ってすごいですね……!」
編集部K「私も一人暮らしするときに、親戚から投資用不動産の方がいいんじゃない?って勧められて、たしかに賃貸で家賃を払い続けるのももったいないから買おうか迷いました。でも結局、購入額が高すぎて決断できなかったんですよね。」
編集部R「たしかにかなり大きな買い物だけど、長い目で見たら賃貸に住み続けるとかなりの額を家賃に落とすことになるわけだから、どうせ使うお金なら自分で持っている方がいいかなと。私は自分で住むことなく貸してるんですけどね。それなりの物件であれば、いらなくなった時に売ることもできるし、損する可能性はあるけど、ゼロになるわけじゃないからいいかなと思って決断しました。」

不動産の購入は、かなり大きな買い物となるため簡単には決断できません。しかし、必要なくなれば売ってしまうこともできるし、持ち続ければ長期的に家賃収入を得続けられます。

入居者を途切れさせない為には物件選びが重要!

編集部I「物件選びはどうしたんですか?」
編集部R「実は自分で見に行くことなく友人に任せてしまいました。笑」
編集部K「えー!!」
編集部R「でも場所だけは拘りました。大学の近くで、新築で、高すぎなくて、空室になりにくい条件が揃っている物件であれば、外観とかはいいかなと。」
編集部I「入居者が決まらない期間とかありませんでしたか?」
編集部R「今のところないです。ずっと学生の方が入居しています。」

不動産投資において最も重要と言われる物件選び。友人に任せたとは驚きです!笑
長期的に需要の高いと思われる都市部や学生数の多い大学周辺物件は安心ですね。

不安が高まる老後の生活資金にも

編集部K「ローンを払い終えるのはいつ頃ですか?」
編集部R「ずっと持ち続けたとしたら、ローンが完済するのは55歳です。その後は家賃収入が入り続けるだけの予定!」
編集部I「いいな!老後も安心ですね。」
編集部K「でも築年数が上がればリフォームとかいりますよね?その費用も発生しますよね?」
編集部R「大学の近くだから、すごく古くなったとしてもある程度広さがあれば、6~7万ぐらいの家賃はとれますよ。管理会社がフロアのリフォームとかしてくれたら一部負担するだけで済んだりするし、部屋の中はそれほど多額のリフォーム費用はかからないので大丈夫です。」

独り暮らし用のワンルームであれば、それ程高額なリフォームもかからないんですね。将来への不安が高まるなか、安定した家賃収入が長期的に得られる不動産投資をしていれば、老後の生活も安心です。

実は安定志向の女性におすすめ

編集部I「面倒に感じることとかないですか?」
編集部R「うーん、何もないです。確定申告ぐらいかな。私の場合はお友達にお願いしてるのですが。」
編集部K「本当は自分でするものなんですか?」
編集部R「そうなんだけど、普通の不動産投資会社でも税理士さんに頼めばやってくれると思いますよ。」
編集部I「正直、すごく高い買い物ですが、後悔とかしてないですか?」
編集部R「貯金はほとんどしていないけど、最低限残るものがあるから安心です。積み立て投資だとか不動産は割と安定型の投資なので、すごく儲かるというわけではないけれど、大きな損をすることも少ないから、資産運用としておすすめです。普通預金よりは全然利率も良いので。」
編集部I「まわりにも不動産投資をしている人っていますか?」
編集部R「結構いますよ。一人で生きていくって決めた女性は買ってる人多いですね。」
編集部K「かっこいい!私もRさん見習って、投資始めてみようと思います!」

不動産投資を始める女性はどんどん増えているそう。面倒な管理が必要ない不動産投資なら、毎日忙しく働く女性でも始めやすいですね。それに、何があるか分からない将来に向けて不動産という資産があれば安心です。

「コツコツ貯金をするのが苦手」「運用が面倒な投資は嫌」「老後の生活が不安」そんな方にぴったりの不動産投資。しかし物件選びを失敗すると、入居者が決まらない空室期間ができてしまうことも……。そんな失敗を防ぐ為に、まずは正しい知識を付けましょう! マネカツセミナーへの参加がおすすめです。

>>働き女子のためのマネカツセミナー情報をみる