さよなら罪悪感!サラダは”美容効果”のあるコブサラダを選ぼう

コンビニごはんになってしまった日、深夜の帰宅なのにお腹がすいてたまらない日。 「太らない食べ物はなんだ?」「どうせなら美容効果あるもの食べたい」という思考が脳内を駆け巡るはず。食べなきゃ太らないし、パックすれば肌も荒れないのですが止められないんです、この食欲。パックするよりおにぎり食べたい……! そんな切実な瞬間を迎えているであろう方に、スキンケアカウンセラーの筆者が選んでいる「美容効果ごはん」をご紹介します。

beauty

なんか体が重いかも。調整したい日のランチはコレ

「今日の夜は飲み会だからお昼が軽めに……」
「昨日食べ過ぎたから調整したいな」
頭では思ってはいるのに、お腹は言うことを聞いてくれず。「冗談じゃない、かつ丼食べたいよ!」なんて欲求と戦うのは至難の技ですよね。お腹はすいたけどあっさりと食べたい時の代表といえばやっぱりサラダです。

1470932006356

サラダの中でも、ビタミンやたんぱく質などバランスよく摂取しつつお腹いっぱい食べるとしたらやっぱりコブサラダを選びます。

なぜ、コブサラダなのか? それは、筆者がバランスを重視しているからです。カロリーだけ低くても栄養バランスが悪いと肌荒れや便秘の原因になります。低カロリー食で過ごしたい日でも、栄養バランスは大切にしないとダイエットにも悪影響を及ぼすわけです。

1470931932431

たまご、アボカド、チキンとたんぱく質が豊富で、血液サラサラ効果の玉ねぎも入って、美容効果の王様「リコピン」豊富なトマト入り。血流を良くして、たんぱく質で筋肉に栄養を与えて痩せやすい身体作りを目指しつつ、リコピンのアンチエイジング効果も同時摂取です。

1470932103203

コブサラダの語源ってご存知ですか? とにかく何か食べたかったレストランオーナーの「コブさん」が作った空腹撃退サラダの代表であるのがコブサラダ。今や、空腹を抑える「おしゃれでお腹いっぱいになるサラダ」は全て「コブサラダ」と呼ばれているようなイメージですが、代表的に入っている基本の食材は
「Egg、Avocado、Tomato、Chicken、Onion、Becon、BlueCheese」の7種類。

家庭科の先生をされている方が教えてくださったのですが、基本の具材の頭文字を並べると「EATCOBB」で「コブサラダを食べる」になるんだとか! 覚えやすい!
切って盛るだけで、栄養のバランスもよくボリューミーになるのが大きな魅力。

うっかりコブサラダ用ドレッシングとチーズの購入を忘れてしまった筆者ですが、最近はコブサラダ用のドレッシングもあるので「切る、盛る、かける」で簡単に食べられまず。節制中のお弁当にも、もってこいなのです。カロリー低めを大切にしたい時はベーコン抜きでチキン多めもおいしいですよ。

進化形コブサラダも増えてます

1470684695538

近頃は、基本の材料にさらに食材がプラスされた栄養満点のコブサラダが主流。栄養バランスを難しく考えなくてもいいし、美味しいし、なんといってもボリューム満点。空腹でお腹を鳴らしてしまうようなことも少なく過ごせます。

1470684605286

お店によって色んな組み合わせのコブサラダがありますが、どこのお店も彩り豊富でカラフル、おまけにフォトジェニック!

1470684651541

ちなみにこの日は、サラダを2つ食べて満足度をUPしてから小さなパスタを食べました。スーパーのサラダではありますが、目でも満足して色んな食材を摂れることで、空腹の落ち着きが早い気がしています。

通常の、レタスばっかりのサラダだと「ダイエット中?」なんて思われがちですが、カラフルなコブサラダだとスーパーの器のまま写真をとってもかわいいし、ドレッシングのオレンジもポップな色なので、なんだかおしゃれなイメージになるから不思議です。

外食はサーモン、レモンをお忘れなく

外食の時、なるべく意識している美容成分は2つ。「アスタキチンサン」と「ビタミンC」です。
サーモンのアスタキチンサンは美容の王様として有名ですよね。サーモンは比較的安価で、どこのお店でもメニューに1つはある美容食材です。

IMG_20160611_220054

抗酸化作用が強くアンチエイジングに最適なアスタキチンサンを摂るなら、サーモンかエビを食べたいところ。サーモンのアスタキチンサンは加熱に弱いので、なるべく生がおすすめです。

1470684563092

そして、レモン。
ビタミンCが豊富なのは言うまでもないですが、消化を助けてくれたり、レモンの香りがストレスを和らげる効果もあるそうで、ストレスから起こりやすいドカ食いを防ぐには最適な食材なんです! ドカ食いしそうな日は、レモン酎ハイを飲みながら食事をするだけでも、食べ過ぎ防止効果があるんですよ。グレープフルーツの香りもダイエット効果が有名ですが、レモンの香りはストレスをなくしつつリラックス気分を感じながら食べ過ぎを予防する効果があります。

IMG_20160706_022904

レモンドレッシングのサラダを食べてからメインを食べるようにすると、食べ過ぎを防ぐことができますし、ビタミンCはほんの少しのストレスや喫煙でも体内から排出されてしまうそうなので、なるべくこまめに摂取するようにしたいですよね。ただ、胃の調子が悪い方はレモンの酸が刺激になることも。なんとなく胃もたれを感じる時は、アスタキチンサン重視で食べましょう!

コンビニ夜食は、定番チキンにプラスして

夕飯を食べ損ねた残業帰り。もう深夜だし、食べないで寝ちゃう? 食べないで寝ると痩せるイメージがあるかと思うのですが空腹で眠ると睡眠の質が悪くなり熟睡できなくなるので、成長ホルモンの分泌が悪く、逆に痩せにくくなるのだとか。満腹で眠ることも良くないそうなので「腹八文目」とか「腹六文目」で眠ることが一番いいそうです。

そんな夜中の空腹の味方はコンビニにあります。

1470684468950

そう、今や知らない人はいないであろう「サラダチキン」。
でも、これだけじゃボリュームがいまいち。これだけかじる夜というのも、なんだか悲しい気分でもあります。深夜といえども「美味しい」「見て楽しい」を意識してお食事したいもの。

サラダチキンを買うならあわせてコレも!

1470684517674

ロメインレタスサラダ。数あるサラダ用野菜の中で、なぜ「ロメインレタスサラダ」なのか? それは、ニンジンが入っているからです。アンチエイジング効果の高いB-カロチンをたくさん含んでいるニンジンですが、食物繊維が消化を助けてくれる効果もあるので、次の日の朝の「すっきり快便」を目指すなら、ぜひとも摂りたい食材。

1470684259887

「野菜とチキンだけじゃお腹ふくれないよ!」という日は、豆腐も足します。大豆製品の女性ホルモンへの効能は知っている方も多いと思いはず。毎日夜中まで働いて、思わず髭が生えそうな程「男性化」もしくは「おっさん化」している方はぜひ豆腐をプラスしましょう。女性ホルモンを活性化させるので、ニキビなどもできにくくなります。

自炊は、美肌チャンスです

1470684193170

こちらは、休前日限定の「夜中めし」です。お酒のつまみにもぴったり。トマトのガーリック炒め。

リコピンの抗酸化作用が有名なトマトですが、トマトのリコピンは油溶性なので、オリーブオイル等で炒めた方が効率よく摂取できるのです。たっぷりのオリーブオイルとガーリックでトマトを炒めて、塩コショウとハーブで味付けするだけ。炒めることで甘みも増すので、夜中の間食予防にもぴったりの一品。ただ、けっこうなガーリック臭なので、休前日がおすすめです。

IMG_20160307_131830

夜中に甘いものが無性に食べたい、そんなとき。思わずチョコレートに手を伸ばしたくなりますが、ここは手作りホットケーキはいかがでしょうか? 実はこのホットケーキはグルテンフリーのホットケーキミックスで作っています。生クリームに見えているのは、ヨーグルト。軽くはちみつをかけて食べると夜中のおやつにぴったり!

「食べる美容液」といわれるはちみつをほんの少し。ビタミンが豊富でポリフェノールやアミノ酸も含むはちみつと、整腸作用のあるヨーグルト。どちらも、肌に直接塗っても美容効果が高いので、唇も潤いそうですよね。

いちごやベリーは、実は朝より夜食べる方がおすすめのくだもの。紫外線が強い時期は、光毒性のあるフルーツは朝より夜食べる方が美肌効果が高いのです。

中からキレイを目指してます

IMG_20150604_152144

筆者は食べることが大好き。どうせなら「美容効果があるもの」「なるべく太りにくいもの」を選んで食べるようにしています。でも、それだけでは味気ないので、見た目のかわいさも大切にして食事を楽しんでいます。目で楽しんで味を楽しんで、更に美容効果も高かったら言うことなし! 身近にたくさんある美容食材、ダイエットも大切ですが「中からキレイ」を目指してたくさん食べてみてくださいね。

川上あいこ / スキンケアカウンセラー)