女子アナ直伝!印象よく見える表情の作り方〜自然な笑顔を作る表情筋トレーニング〜

大切なクライアントと会うとき。 重要なプレゼンをするとき。 どんな表情をしていますか? 緊張してコワイ顔をしていませんか? 無理やり笑顔を作って、顔の筋肉がピクピクしたり……。 そんなときに自然な笑顔ができたら、「あっ、この人、素敵だなぁ~。」「なんだか余裕があって仕事できそう!」なんて、良い印象を持ってもらえます。 では、どうすれば自然な笑顔を作れるのでしょうか?

beauty

お家でのトレーニング編! 〜テレビを見ながら簡単にできる〜

笑顔=口角を上げる。
当たり前のことですが、意外と口角って上がっていないんです。
鏡を見ながら確認してみましょう!
あいうえお の 「い」の口をして、唇を左右に引っ張ってみてください。

②

でも、これだけではまだ口角は上がっていませんね。
そこで登場するのが…割り箸!!

「い」の口のまま、割り箸を前歯で挟むように上の歯と下の歯の間に入れてみてください。
(写真は見栄えよく、赤いストローを使いました)

③

※強く噛むのではなく、はさむような感覚です。

そして、ここからがトレーニング!
割り箸よりも上に口角がくるように笑顔を作ります。

④

口角がぐっと上に上がっているのが分かりますか?
はじめての方は、普段使わない筋肉を使うのでプルプル…
かなりキツイかもしれません。でも、しばらくはこの状態でキープしてください。
テレビを見たり、本を読んだりして気を紛らわせるのも効果的です。
新人アナウンサー時代、私もこの割り箸トレーニングをしていました。
顔の筋肉が鍛えられ、自然と口角がキュッと上がるようになりました。

 
 

移動中のトレーニング編!! 〜マスクで隠して誰にも気付かれない〜

これは、大切なクライアントに会いに行く途中や重要なプレゼンが始まる前の10分間でできる簡単なトレーニングです。

①マスクをする
②笑顔をする

これだけです。
簡単すぎると思われるかもしれませんが、とにかく10分ほど、笑顔で過ごしてみてください。

⑤

移動中や職場で、一人笑顔でいると「なんで笑っているの?」と怪しい人に思われますが、マスクをすれば大丈夫!
これで顔の筋肉が笑顔を覚えて、いざという時に笑顔を作りやすくなるのです。
形状記憶トレーニングと、私は呼んでいます。

さらに!
笑顔は脳にポジティブな影響を与えると言われるように、気持ちまで明るくなってくるんです。

ある先輩アナウンサーは移動中、いつもマスクをしてその下で笑顔を作っているそうです。そうすると仕事が上手くいくようになると教えてくれました。

さぁ、10分間の笑顔形状記憶トレーニング終了!
これであなたも表情を気にすることなく、自然に笑顔になっているのではないでしょうか?

※10分間は長い! という方は1分間でも、ぜひ一度試してみてください。

 
 

毎日のトレーニングでさらに自然な笑顔に

女子アナ直伝! 印象よく見える表情の作り方、いかがでしたでしょうか?
「美は一日にしてならず」とありますが、「笑顔も一日にしてならず」。毎日意識して笑顔の表情筋トレーニングをしていれば、自然と口角が上がってきます。
アナウンサーのお仕事では、生放送中やイベント中などずっと笑顔でいなくてはいけないことがあります。
そんな日に家に帰って鏡を見てみれば、顔がキュッと小さくなったような印象。笑顔は小顔にもつながるのかもしれませんね。

⑥

繰り返しになりますが、笑顔は気持ちをポジティブにする効果もあるということで、私は嫌なことがあった時もマスクの下で笑顔を作って気分転換しています。皆さんも、ぜひ試してみてください。
自然な笑顔で好感度アップできますように…☆