茹で胸肉しっとり~茄子と鶏のおうどん~

高たんぱく低脂肪の鶏胸肉。茹で鶏にしておけば、サラダや棒棒鶏などのメインにも便利です。今回は茹で汁も使った稲庭うどんで。多めに2枚仕込んで、その一部で冷製うどんに仕上げます。もちろんサラダや棒棒鶏などアレンジ自在。美味しく、低カロリーな鶏胸肉をぜひ。     

gourmet

茄子と鶏のおうどん

【材料】(2人分)

◆茹で胸肉の作りやすい分量
・胸肉       2枚
・水        600ml
・日本酒      大さじ2

・うどん      2人分
・茹で鶏の汁    150ml
・茹で鶏      1/2枚
・白だし      大さじ2
・みりん      大さじ1
・醤油       小さじ1
・なす       1本
・サラダ油     大さじ1
・大葉       3枚
・おろし生姜    適宜

【作り方】

[1] 茹で鶏を作る。水に日本酒を入れ、鶏胸肉を入れて火にかけ沸騰したら灰汁を引いて中火に落とし7分煮る。冷めるまでそのまま放置。

[2] なすは縦に8等分に切り、サラダ油で炒める。いったん取り出し同じ鍋に茹で汁と調味料を入れてかけ汁を作る。味をみて若干濃い目と感じる濃さに醤油で調える。

[3] [2]に茹で鶏を割いたものと茄子を加え冷ます。

[4] 茹でて冷水にさらしたうどんに[3]を掛け、千切りの大葉とおろし生姜を添える。

※温製でも冷製でも美味しくいただけます。温製の場合は汁の塩分を薄めにすることをおすすめします。

稲庭うどんがおすすめです。

冷製の麺類が嬉しい季節がやってきます。そうめん、そば、冷やし中華。いろいろ美味しい麺がありますが、稲庭うどんおいしいです、おすすめ。乾麺なので素麺同様に日持ちもします。喉ごし、歯ごたえ、とても美味しい。コシもあるので温麺でもおいしく頂けます。