【株式投資の基本】得られるリターンと初心者が注意すべきポイント

コツコツ貯めたお金がまとまった額になってくると、「もっと効率よく増やせないかな」と、預金以外の金融商品に興味を持つ人も多いと思います。株式、国債、投資信託など選択肢はたくさんありますが、それぞれ特徴があり、リターンとリスクの度合いも異なります。一般的に、リターンとリスクは連動するといわれています。今回は金融商品の中でもハイリスク・ハイリターンとされる「株式投資」についてご紹介します。

lifestyle

 

キャピタルゲインもインカムゲインも得られる“株式投資”

「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という言葉をご存知でしょうか? 株式投資には、この2種類のリターンがあります。順にご説明します。

◆キャピタルゲイン
キャピタルゲインとは、資産の売却により取得するリターンのことです。”安いときに買って高いときに売る”ことで、その差額が収益となるものです。株式投資では、株式銘柄の選定と売り買いの時期がよければ、大きなキャピタルゲインを得ることも可能です。

◆配当金
キャピタルゲインに対して「インカムゲイン」という言葉があります。インカムゲインとは、資産を保有していることで取得できるリターンをいいます。
株式投資の代表的なインカムゲインは「配当金」です。企業の業績が良く利益が出ると、その利益の一部を配当金として株主に分配することがあるのです。配当金の頻度は企業によって異なりますが、年1~2回くらいの場合が多いようです。ただし企業の経営状況等の事情によっては、配当金が受けられないこともあります。

◆株主優待
また株式を保有していると、株主優待制度を受けられることもあります。株主優待制度とは、企業が株主に対し、自社製品や自社サービスなどを無料または割引で提供する制度で、インカムゲインの一種です。株主優待制度を楽しみに、株式を持つ人も多いようです。

このように、株式投資ではキャピタルゲインとインカムゲインの両方を得ることができます。ちなみに定期預金などには、インカムゲイン(=利息)しかありません。

注意したい2つのリスク

こうしたリターンを期待できる代わりに、株式投資には高いリスクもあります。次は株式投資のリスクについて説明します。

◆価格変動リスク
まず株式投資には価格変動リスクがあります。株価は変動するものですから、保有している株式の価値も上下します。そして購入時よりも株価が下がっているときに売却すれば、損失が出ることになります。
定期預金や国債であれば「3年後にはいくらに増えるな」と見込みを立てることができますが、株式投資ではそれができません。株価というものはどう動くのか予測がつかず、それゆえ大きな利益が出ることもあれば、その逆もあるのです。

◆信用リスク
株式投資における信用リスクとは、企業が経営破綻してしまうリスクです。株式投資において一番大きなリスクが、この信用リスクだといわれています。企業が倒産してしまったら、せっかく保有していた株式の価値がゼロに等しくなってしまうこともあります。

投資初心者のよくある失敗例

ハイリスク・ハイリターンの株式投資ですから、失敗するケースもあります。

・売るタイミングを逸してしまう
株価が下落して損失が出ているとき、早期に売却してしまえば少しの損失で済みますが、売却を躊躇しているうちに、損失がどんどん大きくなってしまうことがあります。
また株価が上昇しているときに「もっと上がる」と期待し、売却時期を引き延ばしているうちに株価が下落し、損失を出してしまうこともあります。

・情報に振り回される
「投資は情報が大事」と、雑誌やインターネット等の情報をそのまま取り入れてしまって失敗するケースもあります。確かに情報は大事ですが、冷静さも必要です。“その情報”は誰もが得ることができる情報ですから、高評価の株式は人気が出て値上がりし、結局株価が一番高いときに買うことになり、損失を出してしまう可能性もあるのです。

失敗を防ぐためのポイント

株価が変動するものである以上、株式投資において「絶対に失敗しない方法」はありません。しかし、失敗しないために注意したいことはあります。

・資金は分散させる
投資には、「卵を一つの籠に盛るな」という有名な格言があります。どんなに気に入っている企業があっても、一つの銘柄に投資資金を全て集中させることは危険を伴うのです。大企業の経営破綻も耳にする昨今、絶対に安全な株式など存在しません。資金は集中させず、いくつかに分散させて投資することが基本です。

・株式投資は余裕資金で行う
株式投資は、大きな利益を得ることがある反面、大きな損失を出すこともあります。ですから通常の生活資金を株式投資にまわしてしまうと、最悪の場合、生活自体が破綻する可能性もあります。日々の生活に必要な資金や住宅購入資金などは別に確保しておき、株式投資は万が一失っても生活自体に影響しない資金で行うようにしましょう。

・はじめる前に勉強しよう
定期預金であれば、金融機関にお金を預けるだけで、後は自分ですることは何もありません。しかし株式投資はそうはいきません。銘柄の選定から売却のタイミングまで、自分で決断を下していかなければならないのです。そして、その決断を適切かつスムーズに行うためには、やはり基本的な知識が必要です。数ある金融商品の中でも上級者向けといえる「株式投資」は充分な知識をもってはじめたいものですね。

株式投資は、高いリターンが期待でき、さらに株主優待のような楽しみもあります。しかし大きなリスクが内在していることもまた事実です。株式投資をはじめるときは、このことをしっかりと認識し、大事な資産を上手に運用していってください。

>>働き女子のためのマネカツセミナー情報をみる