“淑女”な金銭感覚を身につけて。ムダ遣いには、さようなら

大人になるにつれて、きちんと考えなければならないのがお金の使い方。 "女の子"を卒業して"淑女=レディ"になるためには、"消費"ではなく"投資"のためにお金を使うようしましょう。 消費は、ただそのときの欲求を満たすためだけのお金の使い方ですが、投資は、自分を成長させたり、洗練させたりするためにお金を使うこと。 未来の自分のために、お金の使い方を消費型から投資型に変えるためのポイントを紹介します。

fashion

具体的な目標を決める

shutterstock_319378985

まず大切なのは、投資にまわす金額を具体的に決めること。

生活費以外のお金をすべて投資にまわしてしまうと、もしものときに使える現金がなくなってしまうので、貯蓄も同時に行う前提で投資額を決めましょう。

たとえば……

・ 生活費以外のお金の半分は貯金、半分は投資に回す
・ 年収の1〜2割は投資に回す

など、具体的な割合にするとわかりやすいです。

投資の方法は、株やFXなどお金を増やすためのものはもちろん、自分のキャリアアップやスキルアップにつながるものも含まれます。

お金を使うとき、将来の自分にどれだけプラスになるかを考えるようになれば、ムダ遣いが減って、生活に余裕のある大人なレディに近づけるはず。

自分への”ご褒美”に逃げない

shutterstock_279703610

投資と混同しがちなのが、自分への”ご褒美”という名の消費。

たとえば、海外旅行やネイル、美容院などを”頑張るための投資”と都合よくとらえてしまっては、いつまでたってもレディなお金の使い方は身につきません。

投資には必ずなにか”リターン”があるもの。そのお金を使うことで、自分が何を得られるのか、きちんと考えることが大切です。

セミナーに参加するなら、どんなスキルを得たいのか、習い事を始めるなら、1年後にどこまで上達していたいのか……。

なんとなく想像するだけでなく、自分の言葉で書きだしてみるとよりいいでしょう。

時間も資産だという感覚を持つ

shutterstock_306276695

ここまで、お金の使い方を投資型に変えるための方法を紹介しましたが、実は”投資”という考え方はお金だけでなく時間の使い方にも応用することができます。

時間もムダ遣いせずに投資型の使い方に変えていくことで、さらに淑女らしさが増していくものです。

肩の力は入れすぎないで

shutterstock_383670079

“投資”と言うと、つい肩の力が入ってしまうかもしれません。でももし、頑張ったけど計画どおりにいかなかった、事情があって投資ができなくなった、ということになっても落ちこまなくて大丈夫。

すこしの間でも、投資に使った時間やお金は必ず自分のプラスになります。

そんなプラス思考も淑女らしさをアップさせるポイントです。