ドレスだけじゃない!花嫁を美しく魅せるノバレーゼのアクセサリー

結婚式当日にウエディングドレスとともに花嫁の美しさを彩るジュエリーやシューズ。1日中たくさんの写真をさまざまな角度から撮られるブライダルシーンでは、ドレスだけでなくそういったアクセサリーもしっかりこだわりたいもの。今回はノバレーゼが揃えるインポートジュエリーやシューズの魅力をご紹介します。

lifestyle PR

ERICKSON BEAMONのアクセサリー

1982年にNYで立ち上げられたジュエリーブランドERICKSON BEAMON(エリクソン・ビーモン)。ファッションが好きな人なら必ず一つは持っていると言って良いほど愛されてきたブランドです。現在は NYとロンドンを拠点に、コレクションやレッドカーペットでのスタイリングなど、世界中に展開を広げています。今でもエリクソン・ビーモンのアクセサリーはNYのウエスト・チェルシーにあるアトリエで職人たちによって、丁寧に製作されているそうです。

スパイシーなデザインやマテリアルの中に、やはりどこか女性デザイナーから生み出される“女性らしさ”が程良くマッチしているデザインが愛されています。
上品な輝きのエリクソン・ビーモンのアクセサリーはどんなスタイルにも合わせやすく、花嫁をクラシカルで美しく魅せてくれるアクセサリーです。

MIRIAM HASKELLのアクセサリー

NYのジュエリーブランドMIRIAM HASKELL(ミリアム・ハスケル)。やさしく、やわらかく、あたたかく、成熟した印象をあたえるゴールドのアクセサリーは、豊かさを象徴します。肌色との親和性も高く、白やアイボリーとの相性も良い色です。またミリアム・ハスケルが特別にコラボレーションをするのは、日本のブライダル業界としてはノバレーゼが初めて。ハスケルが得意とするヴィンテージ感、やわらかなパールを採用したオリジナルデザインです。コラボレーションジュエリーは顔周りを華やかに魅せるように花、葉のモチーフを、角度にまでこだわりデザインされています。

Miriam Haskell(ミリアム・ハスケル)は、アールヌーヴォー全盛期の1899年に、インディアナ州ニューアルバニー市の商人の娘として、4人兄弟に囲まれて育ちました。その30年後には、ココ・シャネルと来シーズンの素材に関してマダム・グリポワのサロンでお茶を飲みながらセレクトするまでに成長します。1926年には、はじめてのブティックを“Le Bijou de L’Heure”という名前でニューヨークのMcAlpin Hotelにオープンしました。彼女は、その当時を生きる女性たち、クリエイターたちのためにアクセサリーを作り出し、現存するものの多くは、コレクターズアイテムとして重宝されています。
あたたかい色味のパールがあしらわれたミリアム・ハスケルのゴールドアクセサリーは、品の良い華やかさを演出できるアクセサリーです。

Rupert Sandersonのシューズ

2001年に設立されたロンドンのブランドRupert Sanderson(ルパート・サンダーソン)。“less is more”をデザイン・フィロソフィに、クラシカルでミニマムなデザインが特徴的であり、完璧なライン、ボリューム、マテリアルにこだわった、女性をよりセクシーな気分にさせるようなシューズが揃っています。

デザイナーのRupert Sanderson (ルパート・サンダーソン)はイギリス出身で、大手広告代理店からキャリアをスタートさせた後、イギリスの靴職人養成所コードウェイナーズで基礎を学び、Sergio Rossi (セルジオ・ロッシ)やBruno Magli(ブルーノ・マリ)の元で働きます。イタリアのボローニャの職人と共に過ごし、靴作りに専念し、有名ブランドの靴デザインやコラボレーションも手掛けてきました。2006年からは、カール・ラガーフェルドなど有名ブランドの靴デザインコンサルティングやコラボレーションを行っています。2008 年、2009年とイギリスファッション協会(BFC)のアクセサリーデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。ケイト・モス、グウィネス・パルトロウ、英国王室 キャサリン妃、クロエ・モレッツ、ブレイク・ライブリーやレイトン・ミンスターなど、多くのセレブリティが愛用しています。
チラッと見える足元までしっかりこだわって、華やかで魅力的な花嫁になれそうです。

最高に魅力的な花嫁を演出するには、ウエディングドレスだけではなくネックレスやイヤリング、ヘアアクセサリー、シューズやメイクと合わせたトータルコーディネートが必要です。ノバレーゼには美しいドレスはもちろんのこと、ノバレーゼでしか手に入らないこだわりのジュエリーや小物も数多く揃ってます。アクセサリーやシューズのみのレンタルや購入も可能。これから結婚式をされるという方は、ぜひノバレーゼのドレスショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

美しいドレスに囲まれて働く“ドレスコーディネーター”募集中!

大人女性に向けた上質なドレスやアクセサリーが魅力のノバレーゼでは現在一緒に働く仲間を募集しています!

ノバレーゼのドレスを“運命の一着”としてご提案する【ドレスコーディネーター】として働いてみませんか?
ウエディングドレス選びは一生に一度。選んだドレスはお客様にとって「運命の一着」となります。
ドレスコーディネーターの仕事は、そんなお客様にプロとして「着たいドレス」だけではなく、「似合うドレス」を見つけ、提案することです。

ノバレーゼのその他の求人はこちら☛

ノバレーゼの美しいウエディングドレスについてはこちらからご覧ください。