職場でかぶらない“私だけの”スカートスタイル

職場でのファッションは冒険しすぎず、無難になりすぎずのさじ加減が難しいところです。ベーシックアイテムの着こなしをある程度マスターしたら、自分らしさのあるアイテムを少しずつ取り入れてみると、ワードローブのマンネリ化や他の人とのかぶり防止になります。まずは、柄物や変形デザインでも、しっくり着やすいスカートで、”私だけの”スカートスタイルを楽しみましょう♫

fashion

出典:WEAR

おしゃれ好きをさりげなくアピール

モノトーンの変形デザインスカートは柄や形も個性的で、おしゃれ上級者が選びそうなアイテムです。きちんと膝が隠れる丈なので、珍しいアシンメトリーデザインのスカートでも、オフィス使いにもOKです。ターコイズのフレアブラウスを合わせて、グッと涼しげで夏らしい印象になっています。上下ともトレンドの変形デザインアイテムを合わせる難易度が高めのコーデですが、全体のバランスがいいので、やりすぎ感がありません。シルバーのストラップヒールパンプスを合わせて、エッジを効かせたスタイルに。

出典:WEAR

シックなプリーツスカートは配色で個性を

くすみカラーの配色が素敵なラップスカートは、トレンドのプリーツスタイルがおしゃれです。歩くたびに上品に揺れるプリーツがとても女性らしい印象を与えます。一点で主役級の個性派スカートだからこそ、トップスも小物もシックな黒でまとめるのが◎  ゴテゴテとしたファッションにならず、スカートを引き立たせる引き算のできたコーデになっています。スカートコーデにも関わらず、あえてメンズライクな靴を合わせることで、大人の余裕を感じさせる格好良さがプラスされています。

出典:WEAR

色柄ではなく、美ラインで勝負

モノトーンの幾何学柄のタイトスカートは、できる女風のかっこよさを醸し出すアイテムです。身体のラインを綺麗に見せてくれるニットを合わせて、ぐっとスリムな印象に。ヘアもまとめ髪にすることで、よりすっきりとしたバランスになり、すっと美しいシルエットが完成します。プレゼンや会議で人前で話す時など、シャープなイメージを与えたい際におすすめのスカートコーデです。

シックなプリーツスカートは配色で個性を


出典: WEAR

くすみカラーの配色が素敵なラップスカートは、トレンドのプリーツスタイルがおしゃれです。歩くたびに上品に揺れるプリーツがとても女性らしい印象を与えます。一点で主役級の個性派スカートだからこそ、トップスも小物もシックな黒でまとめるのが◎  ゴテゴテとしたファッションにならず、スカートを引き立たせる引き算のできたコーデになっています。スカートコーデにも関わらず、あえてメンズライクな靴を合わせることで、大人の余裕を感じさせる格好良さがプラスされています。

色柄ではなく、美ラインで勝負


出典: WEAR

モノトーンの幾何学柄のタイトスカートは、できる女風のかっこよさを醸し出すアイテムです。身体のラインを綺麗に見せてくれるニットを合わせて、ぐっとスリムな印象に。ヘアもまとめ髪にすることで、よりすっきりとしたバランスになり、すっと美しいシルエットが完成します。プレゼンや会議で人前で話す時など、シャープなイメージを与えたい際におすすめのスカートコーデです。

おしゃれ好きをさりげなくアピール


出典: WEAR

モノトーンの変形デザインスカートは柄や形も個性的で、おしゃれ上級者が選びそうなアイテムです。きちんと膝が隠れる丈なので、珍しいアシンメトリーデザインのスカートでも、オフィス使いにもOKです。ターコイズのフレアブラウスを合わせて、グッと涼しげで夏らしい印象になっています。上下ともトレンドの変形デザインアイテムを合わせる難易度が高めのコーデですが、全体のバランスがいいので、やりすぎ感がありません。シルバーのストラップヒールパンプスを合わせて、エッジを効かせたスタイルに。

自分らしさを表現できるスカートを投入して、日々の職場コーデをもっと華やかに楽しみましょう。