夏の花火と歌舞伎の競艶に酔いしれる「東京花火大祭」

東京湾の新たな夏の風物詩 “東京花火大祭〜EDOMODE〜”のチケットの販売が開始されます! 「ビーチ」「歌舞伎」などのエリアが用意され、市川海老蔵さんの出演が決定! 史上初の花火と歌舞伎の共演を楽しみに行ってみませんか?

trends

東京に新たな夏のイベントが登場

2018年8月11日(土)お台場海浜公園にて、“東京花火大祭〜EDOMODE〜” が開催されます。“東京花火大祭〜EDOMODE〜”は、江戸時代から伝わる顔見せの文化のように、世界最高峰の花火師が一堂に会する花火大祭です。また、東京を象徴する音楽、食、芸能、テクノロジー等の様々なコンテンツがまざりあう東京の新たな夏の一大イベントは必見の価値ありです。

 “東京花火大祭〜EDOMODE〜”では、「ビーチ」「歌舞伎」「屋形船」「ルーフトップ」などの有料エリアが登場します。様々なアングル、様々なシチュエーションから、自分に合った鑑賞スタイルを選べる、提案型の花火大会になっています。先行販売が開始されるのは「ビーチ」と「歌舞伎」エリアです。
 

「ビーチ」エリアは、東京湾に面したテーブル席や、浴衣でも座れるペア席、ファミリーシートなどとなっています。200度の視界いっぱいに広がる東京の輝く夜景とともに花火を堪能できます。

「歌舞伎」エリアには、日本を代表する歌舞伎俳優のひとりである市川海老蔵さんが登場し、花火をテーマにした新作舞踊を披露。花火と歌舞伎の贅沢なコラボレーションを楽しめます。
※歌舞伎を観覧できるのは、アクアシティ歌舞伎天空舞台「花火と歌舞伎を楽しむ席」のチケット購入者のみ。その他の席からは観覧ができませんのでご注意ください。

ゴージャスなエンターテインメントとなった夏の新たな風物詩を実際に体験に行ってみてくださいね!

“東京花火大祭〜EDOMODE〜”開催概要
■ 実施日程   2018年8月11日(土)※順延日12日(日)
■ 開催場所   お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)
■ 時間     開場/16:00 打上/19:10 終演/20:30
■ 打ち上げ数  最大5号玉、約12,000発
■ 先行チケット 5月26日(土)より、「アクアシティ 歌舞伎天空舞台 」エリア、「お台場海浜公園内 サンセットビーチ」エリアの先行販売開始。

「東京花火大祭〜EDOMODE〜公式サイト」