あの子と私、何が違う?“ギンガムチェック”の着こなし術

控えめな柄デザインで、気軽に手を出しやすいギンガムチェック。誰でも取り入れやすいアイテムだからこそ、着こなしで差をつけたいのが女心ではないでしょうか? そこで今回は、取り入れるアイテムや着こなしでおしゃれを格上げできるポイントをご紹介。この夏は、ワンランク上のギンガムチェックコーデを楽しみましょう!

fashion

出典:WEAR

ボトムス×大柄で取り入れる

ギンガムチェックは、トップスで取り入れる人が多いアイテム。顔から離れているボトムスで取り入れるとガーリーな印象を抑えられ、大人な着こなしで差をつけられます。また、ギンガムチェックは大柄を選ぶと甘さが抜けるデザイン。ボディラインが出るタイトスカートに無地のブラウスをさらっと合わせれば、後輩世代とは差がつくオフィスコーデに。全体をモノトーンで揃えたことでスカートが際立ち、メリハリのある着こなしに仕上がっています。

出典:WEAR

シャツで抜け感を味方に

ボトムスよりもやっぱりトップスが着こなしやすい! という方には、さらっと着られるシャツがおすすめ。ゆったりとしたサイズ感で襟を抜いて着こなせば、こなれた印象の着こなしが叶います。ベーシックなシャツは、ベルトマークのボトムスと合わせるとトレンド感がUP! また、ヘアはすっきりとまとめると抜け襟が強調され、全体のバランスがグッとよくなります。足元は、スニーカーでカジュアルに。キレイめ過ぎず、ほどよく力の抜けた着こなしを意識することもキーポイントです。

出典:WEAR

ロングシャツをさらっと羽織って

ロングシャツなら、シャツよりハンサムな印象で幅広い着こなしを楽しめます。オンの日は前を閉めてベルトマークの着こなし、オフの日はガウンのようにロングシャツをさらっと羽織るといったように、着回しのバリエーションが広いのがうれしいポイント。オフの日にぴったりなデニムコーデは、TシャツのVネックや足首で肌見せをしたことで、女性らしいカジュアルが演出できています。仕上げに、コーデのポイントになる大ぶりなピアスやイエローのバッグをプラスして、キャッチーな着こなしを楽しんで。

シャツで抜け感を味方に


出典: WEAR

ボトムスよりもやっぱりトップスが着こなしやすい! という方には、さらっと着られるシャツがおすすめ。ゆったりとしたサイズ感で襟を抜いて着こなせば、こなれた印象の着こなしが叶います。ベーシックなシャツは、ベルトマークのボトムスと合わせるとトレンド感がUP! また、ヘアはすっきりとまとめると抜け襟が強調され、全体のバランスがグッとよくなります。足元は、スニーカーでカジュアルに。キレイめ過ぎず、ほどよく力の抜けた着こなしを意識することもキーポイントです。

ボトムス×大柄で取り入れる


出典: WEAR

ギンガムチェックは、トップスで取り入れる人が多いアイテム。顔から離れているボトムスで取り入れるとガーリーな印象を抑えられ、大人な着こなしで差をつけられます。また、ギンガムチェックは大柄を選ぶと甘さが抜けるデザイン。ボディラインが出るタイトスカートに無地のブラウスをさらっと合わせれば、後輩世代とは差がつくオフィスコーデに。全体をモノトーンで揃えたことでスカートが際立ち、メリハリのある着こなしに仕上がっています。

ロングシャツをさらっと羽織って


出典: WEAR

ロングシャツなら、シャツよりハンサムな印象で幅広い着こなしを楽しめます。オンの日は前を閉めてベルトマークの着こなし、オフの日はガウンのようにロングシャツをさらっと羽織るといったように、着回しのバリエーションが広いのがうれしいポイント。オフの日にぴったりなデニムコーデは、TシャツのVネックや足首で肌見せをしたことで、女性らしいカジュアルが演出できています。仕上げに、コーデのポイントになる大ぶりなピアスやイエローのバッグをプラスして、キャッチーな着こなしを楽しんで。

可愛さや甘さをほどよく抑えることで、こなれ感のある着こなしが叶うギンガムチェック。新しくアイテムをGETする予定のある方は、ぜひポイントを取り入れてみて。