【時短】女性向けヘルシー丼「チキンとアボカドのマヨソース丼」

かつ丼、天丼、牛丼……。どんぶりというと「男子」なイメージがあり、どれもがっつりごはんが食べられます。丼ものは、食器が一つですむというところがうれしいですが、女子には少し罪悪感も。そこで今回は、野菜も食べられる「女子向けのどんぶり」をご紹介します。あっという間にできあがるのに、しっかりごはんに合う、そんなメニューです。がっつり食べたいときに、お試しください。

gourmet

チキンとアボカドのマヨソース丼

【材料】(2人分)

・鶏こま肉(お好きな部位で)  200g    
・アボカド           1/2個
・お好みの葉物野菜       適宜

・マヨネーズ          大さじ1杯
・ウスターソース        大さじ1/2杯

・ごはん            2膳

【作り方】(調理時間15分)

[1] アボカドを1cmほどの角切りにする。

[2] フライパンにマヨネーズと鶏肉を入れ、中強火で鶏肉に火が通るまで炒める。

[3] いったん火を止め、アボカドとウスターソースを加える、全体が温まる程度に加熱しながら混ぜ合わせる。

[4] どんぶりにごはんを盛り、周りに葉物野菜を敷き詰め、[3]を中央に盛り付ける。

<ポイント>

こま切れ肉を使うことで、肉を切る作業工程が減ります。アボカド好きなら、アボカド1個とひき肉100gで作ることもおすすめです。

 [1]の前に鶏肉にみりんと塩を揉み込むという工程を加えれば、(その間にアボカドを切る作業を行うとよい)鶏肉がしっとり仕上がります。

 鶏肉を炒めるときはあまり動かさない(半分火が通り白くなったらひっくり返す)方が、香ばしい焦げ目がつき身の崩れも少なく仕上がります。

 マヨネーズで炒めることで、味付けの工程も減り、余分な脂を使わなくて済みます。

アボカドのとろっと感がおいしいどんぶりです。葉物野菜はお好みでいいですが、クレソンやルッコラなどがおすすめです。葉物野菜を角切りキュウリや大根にすると、さっぱりし、食感も楽しくなります。もう少しさっぱり食べたいときは、ウスターソースをポン酢に変えてみてください。逆にこってり食べたいときには、とろけるチーズを乗せても。試してみてください。