モテ男子に聞く「いい女オーラ」の正体とは?

自分で努力して出そうと思ってもなかなか出せないのが「オーラ」。これが「いい女オーラ」となると、どのようなものを指すのかもっと分からなくなってしまいます。素敵な顔立ちやスタイルなら当てはまるのかというと、そう単純なものではないようです。女性に対して厳しい意見を持ったモテ男性陣に詳しく聞いてみると「いい女」の正体が見えてきました。

lifestyle

会話のトーン

大人数の飲み会などで場を盛り上げてくれる女性は人気がありますが、その女性と一対一になってじっくり話したいかというとまたそれは違うそう。男性にとって安らぎと魅力を感じる相手とは、ゆっくりとしたペースと、少し低めのトーンで知的な話し方をする女性。そして落ち着いた空気感を出しながら、男性の話を聞いてくれる雰囲気に男性は強く惹きつけられます。いい女達のすごいところは、ただ「うんうん」と相づちを打つだけではなく、きちんとした知識を持って的確な言葉を返すことができることです。

清潔感

当たり前のことに思えるかもしれませんが、徹底できている女性は少ないかもしれません。服装一つをとってもきれいにアイロンがかかり、毛玉や汚れなどがない状態は基本中の基本です。それくらいはできていると思っても、履いている靴のかかとが破れていることはありませんか? そして、バッグやお財布の中はきれいに整頓されていますか? デスクの上にお菓子や飲みかけの紙コップが置きっぱなしになっていませんか? そして肝心な姿勢は猫背になっていませんか? お肌や髪の毛の手入れは? 見ていないようで男性はよく見ています。清潔感を保つのは簡単そうでいて難しいものです。自分の身の回りを再確認してみることが大切です。

隙がある(ように見える)

これは、本当に定義が難しい問題です。男性陣に「隙」の定義を聞くと、ここにこだわりがある方が多いようで一番盛り上がるテーマでした。完全に隙だらけの女性には興味がわかない。かといって、まったく隙の無い女性にはお誘いする気さえ起きない。食事などにお誘いした場合にOKをしてくれそうな「もしかしたら大丈夫かも」のオーラが“少しだけ”出ているのが特徴。「隙がある」という言葉は誉め言葉なのか聞いてみると、「少し隙があるように見える」というのが誉め言葉なのだそう。難しいですね。絶妙なさじ加減を自分でコントロールするのは難しいですが、普段から表情が柔らかくよく笑う女性のことは好きみたいなので、そちらのほうを身に着けるほうが早そうですね。

今回は容姿以外で「いい女」の定義について男性陣に語ってもらったところ、想像以上に細かく女性を観察していることが分かりました。一朝一夕にとはいきませんが、少しずつでもオーラが身につけることができたら周りの反応も変わっていくのかもしれないですね。