色の力で「ベースメイクの時短」!お悩み別おすすめカラー

赤みやクマ、毛穴など、ベースメイクをする際に気になるポイントはありませんか? アラを隠そうとファンデーションを重ね塗りしてしまうと、メイクが濃くなりメイクの時間が長くなったり、崩れやすくなってしまいます。そうならないためには、ファンデーションを塗る前の下地作りが大切です! コントロールカラーで下地を整え、時短&崩れ防止を目指しましょう♪

making-up

口や鼻の周りが崩れやすい…

赤みや毛穴を隠そうと、ファンデーションをたくさん塗っていませんか? ファンデーションの量が増えれば増えるほど、ミルフィーユのように重なり、少し表情を作っただけでシワが刻み込まれ、ファンデーションが溝に落ちてより一層アラが目立つようになってしまいます。そうはいっても、赤みや毛穴はどうしても気になりますよね。そんなときにぜひ使っておきたいのがコントロールカラー。ピンク・グリーン・イエローなど、様々な色のコントロールカラーがありますよね。重ねて隠すのではなく、色の効果で赤みやクマを自然とカバーするという働きがあります。そのため厚塗りをしなくても、薄づきできれいに気になるポイントが隠れてくれます。適当に色選びをすると効果が発揮されないので、悩みに合わせて色を選んであげることが大切です!

血色が悪く、顔が暗いor肌がくすんでいる

顔が青白く血色が悪い場合は、赤みをプラス! ピンクのコントロールカラーを選んでください。 血色が悪いときというのは、肌には赤みが足りてない状態です。ピンクのコントロールカラーを塗ってあげれば、肌がワントーン明るくなってくれます♪ 顔に赤みがある方は、逆効果なので使わないようにしてくださいね。

肌が黄色にくすんでいる場合は、ブルーを選んであげましょう。ブルーはイエローの補色にあたるため、色味を抑える効果があります。色ムラがあり肌の色を均一に整えたい場合は、イエローを選んでカバーをしてみましょう。

赤みやニキビ跡が気になるorクマをカバーしたい

赤みを押さえるには、赤の補色であるグリーンのコントロールカラーを選んであげましょう。補色を選ぶことで、自然な形で赤みを押さえることができます。気になるポイントだけに塗るのでもいいですし、顔が赤くなりやすいという方は全体に塗ってしまってもOKです! 

クマをカバーするには、オレンジのコントロールカラーがおすすめです。より健康的な肌に見せてくれる効果があります。青の補色になるので、特に青クマのカバーにぴったりです。顔が疲れて見える方は、オレンジを顔全体に塗ってみましょう。

ピンポイントで悩みはないけど…

そこまで悩みはないけど、顔全体に変化を与えたい! そんな方は、パープルのコントロールカラーを選んでみてください。ブルーとピンクの両方の効果があるので、血色のある肌を作りつつも、くすみを抑えて透明感のある肌を作ってくれます。華やかな印象になるので、ぜひ使ってみてくださいね♪ 日焼けをしていると白浮きすることもあるので、気になる方は1度テスターで試してみましょう。

色のパワーで楽々!

補色を使ってあげれば、気になる色をきれいにカバーすることができます。自分の肌悩みに合わせて、コントロールカラーを選んでみてくださいね!