お洒落OLは、定番ジャケットコーデをこう楽しむ!

「ジャケット」は着るだけできちんと感を演出してくれる、オフィススタイルに欠かせないアイテム。毎日でなくても、プレゼンや商談の日など、ここぞというときにも頼りになりますよね。一方でお堅い印象が強い分、いつもコーデがワンパターンになってしまいがちです。そこで今回は、ジャケットをよりお洒落に着こなしたオフィスコーデをご紹介します。

fashion

出典:WEAR

まろやかベージュの大人スタイル

淡いベージュが大人っぽい、上下セットアップのジャケットスタイル。ジャケットはスタイリッシュな印象を与えてくれるノーカラー仕様で今っぽく着こなして。袖を無造作に折り返すことで、抜け感UP。ボトムスはゆったりシルエットのガウチョパンツで、大人の余裕を感じるスタイルに。足首を覗かせれば野暮ったく見えることもありません。インナーにはストライプのブラウスを合わせて、縦ラインを意識。ブラックのチェーンバッグで高見え効果を狙って。

出典:WEAR

夏らしさ感じるマリンスタイル

一見お堅い印象のジャケットコーデも、組み合わせ次第でお洒落に変身できます。ナチュラルな風合いが女性らしいベージュのラップスカートなら、トレンドライクな装いに。ジャケットのインナーには、ボーダーカットソーを合わせてマリンテイストに仕上げて。小物はあくまでブラックのシンプルアイテムできちんと感をキープします。どこか夏らしさ感じる、今の季節にぴったりのジャケットコーデです。

出典:WEAR

ワントーンで仕上げる好印象スタイル

ここぞというときのジャケットコーデは、スカートのセットアップでかっちりと決めたい。ネイビーのワントーンなら上品にまとまるのでおすすめです。ジャケットの襟は思い切り立たせて大人カッコよく、袖は折り返してこなれ感のある着こなしに。インナーにはストライプのカシュクールブラウスをセレクト。Vネックですっきりと見せつつ、ウエストサイドのリボンが女性らしい華やかさを演出。相手の印象にも残るスタイルに仕上げます。

夏らしさ感じるマリンスタイル

出典: WEAR

一見お堅い印象のジャケットコーデも、組み合わせ次第でお洒落に変身できます。ナチュラルな風合いが女性らしいベージュのラップスカートなら、トレンドライクな装いに。ジャケットのインナーには、ボーダーカットソーを合わせてマリンテイストに仕上げて。小物はあくまでブラックのシンプルアイテムできちんと感をキープします。どこか夏らしさ感じる、今の季節にぴったりのジャケットコーデです。

ワントーンで仕上げる好印象スタイル

出典: WEAR

ここぞというときのジャケットコーデは、スカートのセットアップでかっちりと決めたい。ネイビーのワントーンなら上品にまとまるのでおすすめです。ジャケットの襟は思い切り立たせて大人カッコよく、袖は折り返してこなれ感のある着こなしに。インナーにはストライプのカシュクールブラウスをセレクト。Vネックですっきりと見せつつ、ウエストサイドのリボンが女性らしい華やかさを演出。相手の印象にも残るスタイルに仕上げます。

まろやかベージュの大人スタイル

出典: WEAR

淡いベージュが大人っぽい、上下セットアップのジャケットスタイル。ジャケットはスタイリッシュな印象を与えてくれるノーカラー仕様で今っぽく着こなして。袖を無造作に折り返すことで、抜け感UP。ボトムスはゆったりシルエットのガウチョパンツで、大人の余裕を感じるスタイルに。足首を覗かせれば野暮ったく見えることもありません。インナーにはストライプのブラウスを合わせて、縦ラインを意識。ブラックのチェーンバッグで高見え効果を狙って。

定番のジャケットコーデは、少しのトレンドを取り入れつつ程よく着崩すのがポイント。お仕事に欠かせないお決まりスタイルだからこそ、一味違った着こなしでお洒落に差をつけましょう!