暑苦しく見えるのは嫌!営業女子に送る“夏ジャケット”コーデ

ジャケット必須な営業女子にとって、真夏は地獄。夏はジャケットを控えている方もいますが、取引先にお伺いする時は、何だかんだ手が伸びてしまうという方も多いはず。でも真夏のジャケットは、本人はもちろん、見ている人にも暑苦しさを感じさせてしまいます。そこで今回は、爽やかな夏のジャケットコーデをご提案! 涼しげな着こなしで、好印象をGETしましょう。

fashion

出典:WEAR

白パンツで爽やかに

ジャケットの定番は、ネイビーやブラックなどのダークカラー。ジャケットは全身の半分以上の面積を占めるため、ダークカラーのジャケットを羽織っているだけで、夏には重たい着こなしに見えてしまいます。そこで投入したいのが、白パンツ。定番ジャケットに合わせるだけで、パッと印象が明るく、爽やかな着こなしを演出できます。他のアイテムも、いつもよりワントーン明るいものをチョイスしてみて。着こなしを軽やかに見せてくれるだけではなく、ジャケットとのコントラストでメリハリのあるコーデに仕上がります。

出典:WEAR

ブルーパンツで涼しげに

少し動くだけで汗ばむ陽気の日は、涼しげに見えるブルーパンツを合わせて対策を。品のあるサックスブルーなら、カラーパンツでも華美な印象に映りません。同じブルー系のネイビージャケットを合わせると、まとまりのあるコーデを作れます。合わせるアイテムは白やアイスグレーなど、明るいカラーを中心にセレクトしましょう。トップスとシューズを明るいカラーにすれば、オフィスコーデの定番である黒バッグを合わせても、重たい印象になりません。

出典:WEAR

買い足すなら迷わず白ジャケット

新しくジャケットを購入しようと思っている方は、ぜひ白ジャケットを検討してみて。着こなしが難しい印象のあるアイテムですが、実は意外と何にでも合わせやすい1着。黒やカーキなど、手持ちの洋服に合わせるだけで、新鮮で爽やかな着こなしを楽しめます。オフィスカジュアルがOKな職場であれば、ナチュラルな風合いのリネン素材のジャケットがおすすめ。風をよく通すから、移動時も心地よく過ごせます。ジャケットを着慣れている“こなれ感”を演出できるので、仕事ができる印象を与えたい商談にもぴったりです。

ブルーパンツで涼しげに

出典: WEAR

少し動くだけで汗ばむ陽気の日は、涼しげに見えるブルーパンツを合わせて対策を。品のあるサックスブルーなら、カラーパンツでも華美な印象に映りません。同じブルー系のネイビージャケットを合わせると、まとまりのあるコーデを作れます。合わせるアイテムは白やアイスグレーなど、明るいカラーを中心にセレクトしましょう。トップスとシューズを明るいカラーにすれば、オフィスコーデの定番である黒バッグを合わせても、重たい印象になりません。

買い足すなら迷わず白ジャケット

出典: WEAR

新しくジャケットを購入しようと思っている方は、ぜひ白ジャケットを検討してみて。着こなしが難しい印象のあるアイテムですが、実は意外と何にでも合わせやすい1着。黒やカーキなど、手持ちの洋服に合わせるだけで、新鮮で爽やかな着こなしを楽しめます。オフィスカジュアルがOKな職場であれば、ナチュラルな風合いのリネン素材のジャケットがおすすめ。風をよく通すから、移動時も心地よく過ごせます。ジャケットを着慣れている“こなれ感”を演出できるので、仕事ができる印象を与えたい商談にもぴったりです。

白パンツで爽やかに

出典: WEAR

ジャケットの定番は、ネイビーやブラックなどのダークカラー。ジャケットは全身の半分以上の面積を占めるため、ダークカラーのジャケットを羽織っているだけで、夏には重たい着こなしに見えてしまいます。そこで投入したいのが、白パンツ。定番ジャケットに合わせるだけで、パッと印象が明るく、爽やかな着こなしを演出できます。他のアイテムも、いつもよりワントーン明るいものをチョイスしてみて。着こなしを軽やかに見せてくれるだけではなく、ジャケットとのコントラストでメリハリのあるコーデに仕上がります。

全体の配色や涼しげに見えるアイテムを取り入れることで、爽やかなジャケットコーデを演出できます。ぜひ明日から実践してみて。