トップスは楽チンなのが1番♪“白Tシャツ”のオフィスコーデ

毎日うだるような暑さが続くこの時期は、おしゃれのモチベーションも急降下。少しでも楽チンに過ごせるアイテムに目がいきませんか? そこで今回は、オフィスでもラク〜に過ごせる白Tシャツを使ったオフィスコーデを提案します。カジュアルなアイテムでも、着こなしに気をつければ、きちんと見えするスタイリングが叶いますよ。

fashion

出典:WEAR

ベージュのタイトスカートで上品に

オフィスコーデに向いている白Tシャツは、Vネックでデコルテがすっきり見え、てろんとした厚みのある素材の1枚。シワが出にくいので、ブラウスのように上品な印象です。ボトムスは、タイトシルエットのリネンスカートを合わせて。ウエストリボンのあるデザインなら、TシャツをINするだけでメリハリのある着こなしが叶います。日差しが強い日は、夏素材の黒ジャケットをプラスして、日焼け対策を。抜け襟のような大きなV字を描いたシルエットは、羽織るだけでこなれ感を味方にできます。

出典:WEAR

ロングフレアスカートで楽チンに

朝からアスファルトの照り返しが強い日は、風をよく通すロングフレアスカートで快適に。オフィスには向かないイメージがあるロングスカートも、落ち着いたブラウンをチョイスすれば、きちんと感を演出できます。カジュアルなアイテムを合わせるときは、肌の露出が少ない白Tシャツを選ぶとGood! 身頃にゆとりのあるシルエッットの1枚なら肉感を拾わず、着太りも気になりません。

出典:WEAR

外出デーはブルーで涼しげに

外出での打ち合わせの予定がある日は、涼しげに見えるブルーアイテムを取り入れて。白Tシャツとのコントラストで、夏らしい季節感のあるスタイリングに仕上がります。パンツは、よく風を通す“スカーチョ”タイプがおすすめ。汗が乾きやすい上、女性らしい着こなしに仕上がります。ジャケットを羽織る場合は、ブルー×白の涼感コーデを引き立てる、ネイビーの1着が相性抜群。メンズライクなシルエットのジャケットをさらっと羽織ると、今年らしいバランスが作れます。

ロングフレアスカートで楽チンに


出典: WEAR

朝からアスファルトの照り返しが強い日は、風をよく通すロングフレアスカートで快適に。オフィスには向かないイメージがあるロングスカートも、落ち着いたブラウンをチョイスすれば、きちんと感を演出できます。カジュアルなアイテムを合わせるときは、肌の露出が少ない白Tシャツを選ぶとGood! 身頃にゆとりのあるシルエッットの1枚なら肉感を拾わず、着太りも気になりません。

外出デーはブルーで涼しげに


出典: WEAR

外出での打ち合わせの予定がある日は、涼しげに見えるブルーアイテムを取り入れて。白Tシャツとのコントラストで、夏らしい季節感のあるスタイリングに仕上がります。パンツは、よく風を通す“スカーチョ”タイプがおすすめ。汗が乾きやすい上、女性らしい着こなしに仕上がります。ジャケットを羽織る場合は、ブルー×白の涼感コーデを引き立てる、ネイビーの1着が相性抜群。メンズライクなシルエットのジャケットをさらっと羽織ると、今年らしいバランスが作れます。

ベージュのタイトスカートで上品に


出典: WEAR

オフィスコーデに向いている白Tシャツは、Vネックでデコルテがすっきり見え、てろんとした厚みのある素材の1枚。シワが出にくいので、ブラウスのように上品な印象です。ボトムスは、タイトシルエットのリネンスカートを合わせて。ウエストリボンのあるデザインなら、TシャツをINするだけでメリハリのある着こなしが叶います。日差しが強い日は、夏素材の黒ジャケットをプラスして、日焼け対策を。抜け襟のような大きなV字を描いたシルエットは、羽織るだけでこなれ感を味方にできます。

白Tシャツは、オフィスコーデでも大活躍。真夏日は無理にブラウスに手を出さず、白Tシャツで快適に過ごしてみて。