お洒落な先輩OLに学ぶ、“カラー”攻略方法!

コーデの完成度を左右する“色使い”。鮮やかな色は確かにおしゃれだけど、そのスタイリングが難しい! そこで今回は、押さえておきたいカラー攻略方法を、着こなし実例から徹底分析。きれい色の大人な取り入れ方から、ちょっと技ありな効かせ方まで、3パターンのコーデを通してご紹介します。今すぐマスターして、明日からの通勤スタイルに生かしましょう♪

fashion

出典:WEAR

ピンクにはグレーが鉄板です♡

一歩間違えると甘くなり過ぎてしまうピンクのトップス。大人っぽく着こなしたいなら、洗練されたグレーのタイトスカートを合わせるのがGOOD! ゆったりとしたブラウスとも相性抜群です。ネックレスは、グレーと好相性なシルバーを選択。バッグとパンプスは暗めの色でまとめ、着こなし全体をシックな雰囲気に導いて♪

出典:WEAR

モスグリーンで組み立てる技ありコーデ

明るい色のアイテムが増える夏。あえて秋っぽいモスグリーンのパンツに足を通せば、周りと差がつくお仕事コーデに。トップスに濁りのないホワイトを持ってくることで爽やかさもばっちり! 落ち着いたカラーバランスで、オフィスにもしっかり馴染みます。ピアスで耳元にもホワイトを散らし、表情に上品な明るさを呼び込んで。

出典:WEAR

爽快なブルーは濃淡をつけて楽しもう♪

ブルーを味方につけた着こなしは、女性からも男性からも好印象。上下で色の濃淡をつくることで、グッとメリハリも生まれます。ネイビーと淡ブルーがきれいにつながるよう、腰には同色系のスカーフをくるっと巻いて♪ 柄ものを投入すれば、着こなしに立体感も生まれます。インナーには爽やかな色調を邪魔しないホワイトを指名。小物はベーシックに抑え、コーデの配色を引き立てます。

モスグリーンで組み立てる技ありコーデ


出典: WEAR

明るい色のアイテムが増える夏。あえて秋っぽいモスグリーンのパンツに足を通せば、周りと差がつくお仕事コーデに。トップスに濁りのないホワイトを持ってくることで爽やかさもばっちり! 落ち着いたカラーバランスで、オフィスにもしっかり馴染みます。ピアスで耳元にもホワイトを散らし、表情に上品な明るさを呼び込んで。

ピンクにはグレーが鉄板です♡


出典: WEAR

一歩間違えると甘くなり過ぎてしまうピンクのトップス。大人っぽく着こなしたいなら、洗練されたグレーのタイトスカートを合わせるのがGOOD! ゆったりとしたブラウスとも相性抜群です。ネックレスは、グレーと好相性なシルバーを選択。バッグとパンプスは暗めの色でまとめ、着こなし全体をシックな雰囲気に導いて♪

爽快なブルーは濃淡をつけて楽しもう♪


出典: WEAR

ブルーを味方につけた着こなしは、女性からも男性からも好印象。上下で色の濃淡をつくることで、グッとメリハリも生まれます。ネイビーと淡ブルーがきれいにつながるよう、腰には同色系のスカーフをくるっと巻いて♪ 柄ものを投入すれば、着こなしに立体感も生まれます。インナーには爽やかな色調を邪魔しないホワイトを指名。小物はベーシックに抑え、コーデの配色を引き立てます。

鮮やかな色が主役のお仕事コーデ。色の合わせ方をマスターして、さらに素敵&華やかな着こなしを叶えましょう!