「和」という言葉がもつ意味は

日本らしいもの、調和のとれているさま、おだやかな様子ーー。

大和撫子ってきっと、そんな「和」を大切に生きている人のこと。

古いものを大切にしたり、

人に優しく接したり、

いつもおおらかな気持ちでいたり……。

「和」を愛して、心を豊かに過ごしましょう。

イラスト/あやまる

10月の特集記事

起き抜けに、おいしいお茶を一杯。それが朝一番の贅沢

1. 煎茶 日本人に一番馴染みが深い日本茶といえば、緑色の煎茶ではないでしょうか。 煎茶は、茶葉が発酵する前に熱処理を加え、乾燥させた茶葉で作られています。 フレッシュな茶葉の味わいを感じながら、ホッとできる…

お寺で感じる「和の心」。参拝だけじゃない大人の楽しみ方

1. 御朱印集め 神社や仏閣を訪れる魅力のひとつが御朱印集め。 御朱印とは、寺院や神社に参拝するといただくことができるもので、御宝印や社名を朱で押した印と御本尊名や社名などが墨書きされています。これはいうなれば…

東京の真ん中で和にひたる。いま、神楽坂がお気に入り

神楽坂ってどんな街? 神楽坂の駅は、東京都新宿区にあり、東京メトロ東西線でアクセスできます。 また、複数の路線が通っている飯田橋駅からも歩いて行ける距離。 神楽坂のメインスポットは神楽坂商店街と神楽坂通り商店…

日本家屋。ぐっすり眠る、癒やしの夜

長崎県・小値賀島 九州本土の西に位置し、東シナ海に浮かぶ島々、五島列島のひとつが小値賀(おぢか)島。 美しい原風景が残る小値賀島へは、佐世保からフェリーで3時間、高速船で1.5時間、福岡からフェリーで5時間の船…

お別れを大切にする和の心。人形は、きちんと供養する

人形供養ができる関東のお寺 とはいえ、思い出のつまった存在である人形やぬいぐるみはと、すっぱり別れを決めるのは、なかなか勇気のいることです。 時間が経つと気持ちがゆらいだり、思い出が溢れて別れがたくなったりして…

言葉遣いってボロが出るから。大和言葉で”しとやかさ”を上げよう

日並み 日並み 【読み】ひなみ 【意味】毎日 「日並み」には毎日、連日のほか、毎日〜すつ、日のよし悪し、などの意味もあります。 ── 『覚えておきたい美しい大和言葉』(大和書房、2016年)p.22より引用…

東洋の神秘、山口小夜子の顔がほしい

これでもかというほどの流し目ライン 映画『氷の花火〜山口小夜子』さん(@yamaguchisayoko)が投稿した写真 – 2016 1月 24 11:34午後 PST 山口小夜子…

植物の力を借りて。江戸美人に学ぶ、自然派美容術

江戸時代の万能水「ヘチマ水」 江戸時代に「美人水」として親しまれていたヘチマ水。 炎症を抑える効果があり、内服すれば咳止めにもなるすぐれものです。 このヘチマ水は、自宅で簡単に作ることができます。 1. ヘ…

大和撫子なら知っておきたい!日本三大芸道は、茶道、華道、もうひとつは?

香道は、文字通り香りを楽しむ芸道で、茶道や華道などと同様奥が深く、流派もあります。 鑑賞するのは、東南アジア地方で採取される天然の香木の香りです。伽羅(きゃら)と聞くとなじみがあるのではないでしょうか。鑑賞と言…

「いつもありがとう」親友への思いを花言葉にこめて

入社してからずっと、同期として励まし合ってきた。 はじめて受注して嬉しかったときも、ノルマが厳しくて苦しいときも、となりにいた。 わたしの気持ちが分からない、そんなの嘘。きっと誰よりも、わたしを知ってる。 あや…

LiBzLIFEの最新情報を
受け取りましょう